Shopifyの入金サイクルは?売り上げが振り込まれるのはいつ?決済別に解説!

Shopify 入金サイクル

Shopifyの入金サイクルについて知りたい方は、こちらの記事をご参考にしてください。

Shopifyの決済別の入金サイクルを解説しています。

他のネットショップサービスとの入金サイクルの比較も解説していますので、Shopifyの導入を検討している方は、ご参考になるはずです。

 

Shopifyの入金サイクル|決済別

さっそくShopifyの決済別の入金サイクルを解説します。

  • Shopify paymentの入金サイクル
  • Amazon Payの入金サイクル
  • Paypalの入金サイクル
  • Visaの入金サイクル
  • KOMOJUの入金サイクル

それぞれ解説します。

 

Shopify paymentの入金サイクル

Shopify paymentの入金サイクルは、翌週の金曜日に銀行口座に入金されます。

最短 ➜ 5日

最長 ➜ 11日

Shopify paymentの入金サイクル

ビジネスの拠点が日本にある場合、月曜日から金曜日のどの曜日でも通常の支払いを設定できます。

支払いの受け取りは、毎週あるいは毎月のいずれかを選択できます。

支払期間は、5日間と支払い日までの残り日数を加えた日数です。

たとえば、お客様が水曜日にストアで注文し、ストアの支払い日が金曜日の場合、その注文の代金は8営業日後の翌週の金曜日に銀行口座に送金されます。

なお、お客様が日曜日にストアで注文した場合、その注文の代金はその週の金曜日、つまり5営業日後に銀行口座に送金されます。

お客様がJCBを使用して支払いを行う場合、支払期間は、注文日からの30日間に支払い日までの残り日数を加えた期間となり、その後資金が銀行口座に送信されます。

引用:Shopifyヘルプセンター

 

Amazon Payの入金サイクル

Amazon Payは、初期設定で入金サイクルが14日に設定されています。

初回の入金が2週間後に自動的に銀行口座に入金される仕組みです。

最初の2週間を過ぎた後は、自身で入金サイクルを設定することができます。

最短 ➜ 1日

事業者より売り上げ請求されたものが入金対象となり、Amazon Pay手数料を差し引いた残額の入金(支払)手続きがされます。

*振込手数料はAmazonの負担です。

入金(支払)の手続き開始から事業者の口座への入金完了までに約2〜5営業日ほどを要します。

入金サイクル制となり、初期設定では14日サイクルですが、最短1日から自由に指定できます。

変更を希望する場合は、アカウント登録後にセラーサポートへ依頼してください。

(14日より短縮する場合、アカウント情報にクレジットカードの登録を求められることがあります。)

引用:Amazon Pay FAQ

入金サイクルを短縮しても特にペナルティはなく、手数料もAmazonの負担ですので、自身に合った入金サイクルを選択してください。

入金サイクルについては、以下の図をご参考にしてください。

引用:Amazon pay FAQ

 

KOMOJUの入金サイクル

KOMOJUの入金サイクルは「毎月」「毎週」の2種類から選択することができます。

毎月 ➜ 当月の売上は月末締め、翌月末に入金

毎週 ➜ 前週の売上は翌週の金曜日に入金

最短 ➜ 5日

KOMOJUの入金サイクル

KOMOJUの週次サイクルについて>>

 

Visaの入金サイクル

Visaの入金サイクルは、契約している銀行によって異なります。

またVisaを使用する場合、以下の点にご注意してください。

Shopify payment利用有り ➜ Visaも利用可能

Shopify payment利用なし ➜ 決済代行会社やカード発行会社と契約が必要

今回は「三井住友カード」と契約した場合の入金サイクルについて解説します。

三井住友カードの入金サイクルにつきましては、以下の図をご参考にしてください。

引用:ご契約のしくみと流れ

最短 ➜ 5営業日以内(加盟店売上早期振込利用時)

通常 ➜ 毎月15日締め、翌月15日入金

*加盟店売上早期振込制度は利用することで、5日・10日・15日・20日・25日・末日に締め日が増えますが

振込手数料が1回の振込あたり440円の手数料がかかる点に注意してください。

 

PayPalの入金サイクル

Amazon Payの入金サイクルは自身で入金サイクルを設定でき、最短で3日で入金されます。

またPayPalはPayuPalを導入する事で、銀行振り込みに対応することができ、顧客が支払いを完了した後、即日でPayuPalアカウントに入金される仕組みになっています。

最短 ➜ 3日

*PayPalアカウントに入金された売り上げを銀行口座へ引き出すためには、「アカウントがビジネスアカウントであること」「本人確認を終えている」の2つの条件が必要ですのでご注意ください。

 

 

Shopifyの開発事例

 

Shopifyの入金サイクル|他のネットショップサービスとの比較

Shopifyと他のネットショップサービスの入金サイクルの比較は、以下の表の通りです。

サービス名 入金サイクル URL
Shopify 5日~11日 Shopify>>
STORES 月末締め翌月払い STORES>>
BASE 申請後、10営業日 BASE>>
Shopserve 月末締め翌月27日払い Shopserve>>
COLER ME 月末締め翌々月27日払い COLOR ME>>
Makeshop 月末締め翌月末払い Makeshop>>
Futureshop 月末締め翌月末払い Futureshop>>

Shopifyの入金サイクルは、他のネットショップサービスと比較して早いことがわかります。

また他のネットショップサービスは、入金に手数料が発生する場合がありますが、Shopifyは入金に手数料が不要といったメリットがあります。

Shopifyの料金や手数料につきましては、以下の記事で詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

Shopifyの料金・手数料について>>

 

ECサイトを運営する上で入金サイクルは軽視してはいけない

ECサイトを運営する上で入金サイクルは非常に重要です。

手元に多くの資金がある場合は、赤字であっても直ぐに事業がつぶれることはないですが、

手もとに充分な資金がない場合、入金サイクルが遅いことで支払いに必要な資金を調達することができず、事業が潰れることに繋がりかねません。

入金サイクルの早いネットショップサービスを利用することで、リスクを抑えれますし、その点Shopifyはおすすめのサービスと言えます。

 

Shopifyの入金に関するよくある質問

  • Shopifyの入金明細の確認方法は?
  • Shopifyの入金口座の変更方法は?
  • 銀行振り込みなどの手動決済のメリットは?
  • Shopify paymentの設定方法は?
  • Shopifyでテスト決済する方法は?
  • Shopifyの売り上げが入金されない時の対処法は?
  • Shopifyのおすすめ決済方法は?

それぞれ解説します。

 

Shopifyの入金明細の確認方法は?

Shopifyの入金明細は、「請求情報」から確認することができます。

明細書につきましては、以下のサイトをご参考にしてください。

明細書について>>

 

Shopifyの入金口座の変更方法は?

入金口座の変更方法は以下の手順の通りです。

1.ストア画面から「設定」➜「決済」をクリック。

2.Shopify paymentセクションで「管理」をクリック。

3.「支払いの詳細」セクションの「支払い口座」で、

 「銀行口座を変更する」をクリック。

4.口座情報を入力して、「保存」をクリック。

引用:Shopifyペイメントの構成

 

銀行振り込みなどの手動決済のメリットは?

銀行振り込みなどの手動決済を導入する事で、クレジットカードを持っていない方などでもオンラインで商品を注文することができます。

顧客の利便性向上が期待できるほか、手動決済を導入していないことで、売り上げ機会の損失に繋がることがありますので、導入をおすすめします。

手動決済の導入方法は、以下の手順の通りです。

1.管理画面から「設定」➜「決済」

2.決済サービスセクションで、利用可能な手動の決済方法のいずれかを選択します。

3.追加の詳細につきましては、チェックアウトの決済方法の横に表示される情報を入力します。

4.支払い手順には、お客様がご注文の支払いの際に手順を入力します。

5.「決済方法を有効にする」をクリック。

引用:手動の決済方法

 

Shopifyでテスト決済する方法は?

Shopifyでは、決済が正常に機能するか決済のテストを行うことができます。

決済機能が正常に動作しないことで、商品が顧客に届かないといったトラブルに繋がりますので、必ず決済テストを行うようにしてください。

決済テストを行う方法は3つあります。

  • 実際に注文してキャンセルする
  • Shopify paymentのテスト機能を使用する
  • ShopifyのBogusゲートウェイを使用する

これらの手順について、こちらの記事で詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

 

「支払い済」と表示されていても入金されていないのはなぜですか?

Shopifyは「支払い済み」と表示されていても、入金待ちの可能性があります。

その場合、時間が経てば自動的に入金されます。

また送金が失敗している場合、3〜5営業日に通知があります。

指示された動作をおこなうことで、送金が再試行されます。

 

Shopifyのおすすめ決済方法は?

Shopifyのおすすめ決済方法は幾つかありますが、特におすすめな決済方法は「Shopify payment」です。

Shopify paymentを使用するメリットは以下の点です。

  • 取引手数料が0円
  • 決済手数料が国内最安水準
  • 他の決済方法が簡単に導入できる
  • 審査が不要で導入できる

Shopify paymentのメリット・手数料・設定方法やその他のおすすめ決済方法についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

 

Shopifyの開発事例

 

Shopifyの入金サイクル|まとめ

Shopifyの入金サイクルについて解説しましたが、ご参考になったでしょうか?

Shopifyの決済方法別の入金サイクルは、以下の表の通りです。

決済方法 入金サイクル
Shopify payment 最短➜5日

最長➜11日

Amazon Pay 初回➜14日

2週間後➜選択可能(最短1日)

KOMOJU 最短➜5日
Visa

最短➜5営業日以内

通常➜毎月15日締め、翌月15日入金

Paypal 最短➜3日

ECサイトを運営する上で、入金サイクルは非常に重要な点になりますネットショップサービスを選択するときに、「使いやすさ」「料金」「手数料」などの要素がありますが、入金サイクルも踏まえて選択することで自身に最適なネットショップサービスを選択できるはずです。

Shopifyを含めたネットショップサービスの多くは、無料トライアルなどから始めることができますので、ご活用ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。