日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

Bubbleの料金(値段)は?ノーコードツールBubbleについて詳しく解説!

ノーコードツール「Bubble(バブル)」をご存じでしょうか?

Bubbleは、Webサービスやアプリの開発に最適なノーコードツールです。

他のノーコードツールと比較しても細かなカスタマイズができる点から注目が高まっています。

そんなBubbleの料金(値段)はいくらなのでしょうか?

結論、Bubbleは無料から使用することができます。

しかし無料のプランでは使用できる機能に制限があり、機能を拡張するためには、有料のプランを契約する必要があります。

この記事では、ノーコードツールBubbleの料金(値段)について詳しく解説しています。

自身に最適な料金プランの選択にお悩みの方は、ご参考にしてください。

NoCodeDBを運営する株式会社For A-careerはノーコード/ローコード技術を主軸とした開発サービス『NoCode Dash』を運営しております。

ノーコードツールBubbleの料金(値段)は?

ノーコードツールBubbleの料金(値段)につきましては、以下の表をご参考にしてください。

プラン名 Hobby Personal professional producution
料金(月額) 無料 29$/月 129$/月 529$/月

ノーコードツールBubbleの料金は、4つのプランに分かれており、producutionプランが一番上位のプランになります。

   Hobby ➜ Personal ➜ professional ➜ producution 

上記とは別に「Agencyプラン」がございますがそちらにつきましては、こちらのサイトをご参考にしてください。

Agencyプラン>>

また有料プランを年間契約することで料金の割引を受けられます。

長期間Bubbleを利用する場合は、お得になりますのでご活用ください。

年間契約した場合のBubbleの料金は、以下の通りです。

プラン名 Hobby Personal professional producution
料金(月額) 無料 25$/月 115$/月 475$/月

またBubbleの料金プランは、個人向け」「チーム向け」に分かれており、開発の規模によって最適なプランを選択する必要があります。

個人向け➜ Hobby・Personal

チーム向け➜ professiona・producution

上位のプランになるほど「使用できる機能が増える」「サポート内容が手厚くなる」といったメリットがあります。

Bubbleの料金プラン別の機能・選択するポイントにつきましては、以下の章をご参考にしてください。

 

Bubbleの料金プランは?無料と有料どちらがいい?

Bubbleの料金プランは、無料と有料どちらを選択すれば良いのでしょうか?

プラン別の機能表を元に解説します。

Bubbleの料金プラン別の機能表は、以下の通りです。

プラン名 Hobby Personal professional producution
ライブバージョンへのアクセス
サーバー容量
容量を追加する機能 基本 基本 予約済みユニット3台 予約ユニット10台
ブランディングとSEO バブルブランディング ホワイトラベリング ホワイトラベリング ホワイトラベリング
スケジュールされたワークフロー 毎月実行 毎日実行 毎日実行
API
パスワード保護 編集者のみ エディター&実行モード エディター&実行モード エディター&実行モード
複数の開発者 2つのバージョン 20バージョン
アプリケーションエディタ 1 1 2 15
CSVのインポート/エクスポート
データのバックアップと復元 過去7日間 過去30日間 過去365日間
ログ 30分 24時間 14日間 14日間
メインアプリ+サブアプリ
ファイナルストレージ 0.5GB 10GB 20GB 50Gb
サポート コミュニティ Eメール Eメール 優先メール
  • Hobby:完全個人向け、アプリの開発からリリースができる
  • Personal:Hobbyプランより本格的に開発をしたい方向け
  • Professional:複数人での開発向け
  • Producution:大企業などの大人数向け
  • Bubbleの有料プランを契約する前に無料プランでBubbleを使用してみることをおすすめします。

無料プランは、機能に制限はあるものの開発からリリースまでができますので、Bubbleの使用感がわかるはずです。

またBubbleはプランの変更がいつでも可能なため、場合によって最適なプランを使い分けてください。

*プラン変更をした場合、新しいプランの機能はすぐに利用でき、金額は日割り計算になります。(前プランの利用していない日数分は返金される)

 

ノーコードツールBubbleに関するよくある質問

  • ノーコードツールBubbleの成功事例は?
  • ノーコードツールBubbleのデメリットは?
  • ノーコードツールBubbleはゲームを開発できる?
  • ノーコードツールBubbleはスマホアプリを開発できる?
  • ノーコードツールBubbleはマッチングアプリを開発できる?
  • ノーコードツールBubbleについて学習できる本は?

 

ノーコードツールBubbleの事例は?

Bubbleで制作された事例をご紹介します。

ブラリノ

あいホーム

 

コレモ

より多くのBubbleの制作事例をご覧になりたい方は、こちらの記事をご参考にしてください。

 

ノーコードツールBubbleのデメリットは?

ノーコードツールBubbleのデメリットは、以下の点です。

<日本語に対応していない>

Bubbleは、アメリカで開発されたノーコードツールのため日本語に対応していないです。

英語に不慣れな方には難しいです。

<機能の多さ故に初心者には難しい>

Bubbleは、ノーコードツールの中でも特に機能性が高く、細かいカスタマイズが可能です。

そのため機能が多く、初心者には難しく感じるようです。

 

Bubbleで開発したアプリをスマホアプリにできる?

Bubbleで開発したアプリは、ネイティブアプリ化することができます。

Bubbleで開発したアプリをネイティブアプリ化する方法につきましては、こちらの記事をご参考にしてください。

 

ノーコードツールBubbleはゲームを制作できる?

Bubbleでは簡単なゲームの開発ができます。

しかし複雑なビデオゲームなどの開発には適していませんので、ご注意ください。

Bubbleで開発されたゲームの例として「スーパーマリオ」を再現した

バブルマリオ」があります。

リンクから飛べますので、一度遊んでみてください。

 

ノーコードツールBubbleはマッチングアプリを開発できる?

Bubbleはマッチングアプリの開発が可能です。

先程紹介したコレモもBubbleで開発されたマッチングサービスになります。

 

ノーコードツールBubbleについて学習できる本は?

Bubbleについて学習できる本は、以下の本が例としてあります。

日本語で学習できる貴重な教材ですので、興味のある方はご活用ください。

URL:Bubble.ioで始めるノーコード開発入門>>

URL:Bubble勉強本>>

 

【Nocode Dash】Bubbleでの開発を徹底サポートします

Bubbleを使用して開発することで、本来必要な工数を大幅に削減でき、費用までも抑えられます。

しかし、Bubbleは日本語に対応していなく、英語に不慣れな方にとっては扱いが難しいです。

NoCode Dashには、Bubbleの扱いに長けたノーコードエンジニアが在籍しています。

無料の相談から承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

ノーコードツールBubbleの料金(値段)|まとめ

ノーコードツールBubbleの料金(値段)について解説しましたが、ご参考になったでしょうか?

Bubbleのプラン別の料金表は以下の通りです。

プラン名 Hobby Personal professional producution
料金(月額) 無料 29$/月 129$/月 529$/月

ノーコードツールBubbleの料金は、4つのプランに分かれており、producutionプランが一番上位のプランになります。

   Hobby ➜ Personal ➜ professional ➜ producution 

またBubbleの料金プランは、「個人向け」「チーム向け」に分かれており、開発の規模によって最適なプランを選択する必要があります。

  • 個人向け➜ Hobby・Personal
  • チーム向け➜ professiona・producution

プラン別の機能表は以下の通りです。

プラン名 Hobby Personal professional producution
ライブバージョンへのアクセス
サーバー容量
容量を追加する機能 基本 基本 予約済みユニット3台 予約ユニット10台
ブランディングとSEO バブルブランディング ホワイトラベリング ホワイトラベリング ホワイトラベリング
スケジュールされたワークフロー 毎月実行 毎日実行 毎日実行
API
パスワード保護 編集者のみ エディター&実行モード エディター&実行モード エディター&実行モード
複数の開発者 2つのバージョン 20バージョン
アプリケーションエディタ 1 1 2 15
CSVのインポート/エクスポート
データのバックアップと復元 過去7日間 過去30日間 過去365日間
ログ 30分 24時間 14日間 14日間
メインアプリ+サブアプリ
ファイナルストレージ 0.5GB 10GB 20GB 50Gb
サポート コミュニティ Eメール Eメール 優先メール

Bubbleは無料でアプリの開発からリリースまでをおこなうことができますので、有料プランを契約する前に無料プランでBubbleの使用感を試してみてください。

日本語に対応していないなどデメリットもありますが、Bubbleを使用して開発することで従来よりも費用と時間を抑えて開発ができます。

【Nocode Dash】ではBubbleの開発をサポートしていますので、お気軽にご相談ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。