Airtableの料金を解説!難しい仕組みもこれで大丈夫!

Airtableの利用を検討しているけど、料金の仕組みが複雑と思う方は多いと思います。

本記事ではAirtableの料金プラン別の違い・仕組みについて解説しています。

Airtableの利用を検討している方は、参考にしてください。

 

Airtableの料金プランは4つ!

画像出典:Pricing

Airtableの料金プランは「Free」「Plus」「Pro」「Enterprise」の4つに分けられます。

各プランの料金は以下の表の通りです。

プラン FREE PLUS PRO Enterprise
料金/月 無料 $12 $24 問い合わせ
料金/年 無料 $10 $20 問い合わせ
最適な方 個人 少数のチーム 組織 大規模な組織

注意
Airtableの料金ですが、1アカウントごとの料金表示となっている点にご注意ください。

Airtableの料金は、WorkspaceとBaseのそれぞれ、ユニークで招待しているユーザー数の分だけ課金されます。

 

まずはAirtableの仕様を理解しよう!

Airtableの料金プランの詳細について解説する前にAirtableの仕様について解説します。

前の章でWorkspaceとBaseという単語が出てきましたが、Airtableを利用したことがない方は、何のことか分からないと思います。

これらの点は、Airtableの料金について理解する上で、非常に重要なポイントなので、料金プランの詳細を解説する前に理解しておきましょう。

 

WorkspaceとBaseについて

WorkspaceとBaseについてそれぞれ解説します。

 

Workspace

AirtableのWorkspaceの画像

Workspaceは、Baseを格納している箇所のことです。

 

Base

AirtableのBaseの画像

Baseは、Workspace内に格納されているファイルのことです。

 

料金はWorkspaceとBaseにそれぞれ課金される

Airtableの料金は、WorkspaとBaseのそれぞれに招待しているユニークユーザー1人につき課金されます。

例として、有料プランを契約していて、Workspaceに1人、Baseに1人のユーザーが招待されている場合は、2人分の料金が発生する仕組みです。

 

権限は5つに分けられる

先程説明した共同編集者(Collaborators)は、細かく5つの権限に分けられます。

  • Owner➜すべての操作が可能
  • Creater➜編集に加えて、Viewの制限が可能
  • Editor➜データの編集が可能
  • Commenter➜コメントのみ
  • Read only➜読み取りのみ

5つの権限のうち「Read Only」のみ課金対象でないです。

編集権限を付与する場合は料金が発生すると覚えておきましょう。

権限別の基本アクションは、以下の通りです。

権限 OWNER Creater Editor Read Only
ページ全体にアクセス/表示
レコードのコメント
レコードの追加・消去・変更
ビューの追加・消去・変更
ビューのロックと解除
他の編集者の個人的な見解を消す

より詳しい権限別のアクションについて知りたい方は、以下のサイトを参考にしてください。

権限の概要

 

Freeプランの場合は共同編集者を追加しても無料

Freeプランで利用する場合、共同編集者を追加しても料金は発生しません。

1アプリに1.200レコード・添付ファイルは2GB・有料プランの機能が使用できないなどのデメリットはありますが、個人で利用する分には充分に活用できるでしょう。

 

容量の制限を超えてしまった場合

補足になりますが、実際にAirtableを利用しているとプラン内で設けられているレコード数やファイル容量を超えてしまうことがあると思います。

使用制限に達した場合は自動課金されず、登録メールに超過のお知らせが届きますので、安心です。

 

Airtableの料金の詳細

Airtableの仕様について理解が深まったら、次にプラン別の詳細を見ていきましょう。

Airtableのプラン別の機能の違いにつきましては、以下の「プラン別の機能+」からご覧になれます。

プラン FREE PLUS PRO Enterprise
レコード数 1.200 5.000 50.000
容量 2GB 5GB 20GB 1.000GB
リビジョンと
スナップショットの履歴
添付ファイル
チェックボックス
ドロップダウン
などのフィールドタイプ
Web
デスクトップ
ios
およびandroidアプリ
リアルタイムコラボレーション
グリッド
カレンダー
フォーム
かんばん
およびギャラリービュー
ガントビュー
タイムラインビュー
個人的なビューロック
されたビュー
セクション
インターフェイスデザイナー 無制限
スクリプティング
チャート
ページデザイナー
ピボットテーブル
1ヵ月あたりの実行 100 5.000 50.000 500.000
実行履歴 2週間 6ヵ月 1年 3年
自動化の結合
ベースごとに同期されたテーブル 1 1 20 20
テーブルごとのソース 1 1 3 20
同期テーブルの更新方法 マニュアル 自動 自動 自動
マルチソース同期
外部ソースの同期
Salesforce外部ソース同期
拡張され色とフォーマット
オプション
高度なカレンダー機能
カスタムブランドフォーム
パスワードとドメインの
制限付き共有
フィールドとテーブルの
編集権限
新機能への早期アクセス
SAMLベースの
シングルサインオン
フェデレーション
企業アカウント
無制限のワークスペース
請求書による支払い
企業全体の管理パネル
強化された消去リカバリ
オンデマンドウェビナー
セルフサービスの
ナレッジベース
メールサポート
優先サポート
カスタマーサクセス
マネージャー
共同成功計画
ビジネスレビュー
Airtableの専門家との協議
カスタムベーストレーニング
ベースビルドサービス
おすすめな方 個人 少数のチーム 組織 大規模な組織

引用:Pricing

無料のFREEプランは、1シートあたり1200行までの保存といった制限はありますが、基本的な機能は問題なく使用できますので、Airtableに興味のある方は、一度利用してみることをおすすめします。

 

有料プランの場合は自動課金に注意!

ユーザーを追加するときの注意点

先程も記載しましたが、有料プランを利用している場合、共同編集者を招待をすると、招待した人数分(Red onlyを除く)だけ、自動的に課金される点に注意してください。

 

Airtableの料金|まとめ

Airtable ロゴ

Airtableの料金について解説しましたが、参考になったでしょうか?

Airtableの料金プランは以下の表の通りです。

プラン FREE PLUS PRO Enterprise
料金/月 無料 $12 $24 問い合わせ
料金/年 無料 $10 $20 問い合わせ
最適な方 個人 少数のチーム 組織 大規模な組織

機能に制限はありますが、無料から利用できますので、興味のある方は実際に利用してみることをおすすめします。

また、社内の業務効率化にお悩みの方は、【NoCode Dash】までお気軽にご相談下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。