なぜShopifyで売れないの?売れないときの解決策はこれ!

Shopify 売れない

「Shopifyでネットショップを開設したけど商品が売れない」という方は多いのではないでしょうか?

結論Shopifyで商品を売るためには、「集客」が一番重要です。

Shopifyは、デザイン性の高いテンプレートが豊富で簡単に高クオリティなサイトを構築できると好評ですが、肝心の集客ができていないことでせっかくのサイトも台無しになってしまいます。

こちら記事では、Shopifyで商品が売れない原因・対処法を解説しています。

Shopifyで作られたサイトの成功事例も紹介していますので、自身のネットショップ運営の参考にしてください。

 



 

Shopifyで売れない・失敗する原因

Shopifyで商品が売れない原因として主に以下の5点が挙げられます。

  • 集客方法が間違っている
  • 商品の質が低い
  • サイトのデザイン性が低い
  • サイトの機能性が低い
  • リピーターの獲得ができていない

それぞれ詳しく解説します。

 

集客ができていない

Shopifyで商品が売れない原因の1点目として「集客ができていない」点が挙げられます。

実店舗は集客をせずとも顧客が店舗を訪れる可能性がありますが、ネットショップの場合は、顧客に訪れてもらうために集客することが必須です。

いくら高クオリティなサイトを作成しても集客ができていないことで売り上げUPは望めません。

主な集客方法として以下の方法があります。

  • SEO対策
  • SNS集客
  • 広告運用

後の章でこれらの集客方法について解説していますので、ご参考にしてください。

 

商品の質が低い

Shopifyで商品が売れない原因の2点目として「商品の質が低い」が挙げられます。

根本的な問題になってしまいますが、商品の質が低いことで販売するハードルが一気に高くなってしまいます。

商品の質が低い場合は、一番最初に商品を見直すことから始めた方がよいです。

「価格は適切か」「サポート内容は充実しているか」など一から考え直してみてください。

 

サイトのデザイン性が適当

Shopifyで商品が売れない原因の3点目として「サイトのデザイン性が手適当」が挙げられます。

顧客が商品を購入するときにサイトのデザインは大きく影響します。

デザイン性が低いことで顧客の購買意欲を削ぐことに繋がりかねませんので、適当なサイトデザインに設定することは避けて下さい。

Shopifyには、デザイン性の高いテーマが豊富にあります。それぞれのテーマに長所と短所があり、運営するサイトによって最適なテーマが異なりますので、以下の記事を参考にしてテーマを選択してみてください。

特に無料テーマを選択してネットショップの運営をしている方は、有料テーマに切り替えることをおすすめします。

 

サイトの機能性・利便性が低い

Shopifyで商品が売れない原因の4点目として「サイトの機能性・利便性が低い」が挙げられます。

例として「情報が多すぎてわかりにくい」「対応決済が少ない」などです。

 特に対応決済が少ない場合は、早急に他の決済方法を導入してください。

対応決済が充実していないことで、顧客が商品を購入する直前で離脱するという大きな機会損失に繋がります。

顧客が商品をスムーズに購入でき、ストレスを感じないサイトの作りを意識して運営することがポイントです。

 

リピーターの獲得ができていない

Shopifyで商品が売れない原因の5点目として「リピーターの獲得ができていない」が挙げられます。

ネットショップで安定的に売り上げを伸ばすためには、リピーターの獲得が必要不可欠です。

理由はリピーターが、新規顧客と比較して商品の購入率が高いからです。

新規顧客はたまたまショップに流入した場合などが多く、ショップに流入しても商品を購入しない場合がほとんどです。

新規顧客と比較してリピーターは、一度商品を購入して再度ショップを訪れていますので、自然と購入率が高くなり商品が売れます。

ただ集客するだけでなくリピーターを獲得することが、ネットショップでは重要になります。

 

 

Shopifyで売れないときはどうしたらいい?

Shopifyで商品が売れない原因を解説しましたが、どのようにしたらShopifyで商品は売れるのでしょうか?

結論一番最初に記載した通り「集客をする」です。

しかし集客方法にも種類が豊富にあり、場合によって最適な集客方法が異なりますので詳しく解説します。

その他にも「口コミ機能」などの対処法も解説していますのでご参考にしてください。

 

SEO対策をする

SEO対策とは、検索エンジン最適化と呼ばれており、Googleで特定のキーワードを検索したときに自身のサイトが検索上位に表示されるように施策を施す集客方法です。

SEO対策の基本>>

 

Shopifyは、基本的なSEO対策をするための機能を備えているため比較的SEO対策が容易におこなえます。

<Shopifyで必要なSEO対策>

  • タイトルタグの設定
  • メタディスクリプションの設定
  • ページのURLの正規化
  • 画像にaltタグの設定

*SEO対策は短期的に効果は出ず、中長期的に効果がでる施策のため、すぐに効果を出したい場合には不向きです。

専門的な知識が必要になりますので、知識のない方は専門家にご相談ください。

またブログ機能などを活用することで、コンテンツマーケティングをおこなうことができます。

コンテンツマーケティングをおこなうことで、商品を広められる・コンテンツを見た顧客の購買意欲を促進するといった効果があります。

コンテンツマーケティングとは?

 



SNS集客をする

SNS集客とは、Twitter・Instagram・FacebookといったSNSを活用して集客する方法です。

SNSに投稿した内容が注目され多くのユーザーにシェアされることで、短期的に大きな効果を期待できます。

またSNS集客は費用もかからないため、資金力に余裕のない場合にもおこなうことができます。

*SNS広告を利用する場合は費用がかかります。

加えてSEOとの相性も良く、2つを並行しておこなうことでSEOの弱点を補うことができます。

SNSで集客 ➜ 作成したコンテンツへ誘導

SNSの運用に慣れていない方は「SocialDog」などのSNS運用ツールを活用もおすすめです。

 

Web広告運用で集客する

Web広告とは、インターネット媒体上に掲載される広告のことです。

広告枠を持つWebサイトや検索エンジンの検索結果ページ、メール、SNSなどのあらゆる媒体に掲載されることから短期的に大きな成果が期待できます。

テレビ広告などと比較して少ない費用で始めることができ、実際にクリックされてから初めて費用が発生する課金システムを導入しており、リスクを抑えながら運用できます。

代表的なWeb広告の種類は以下の通りです。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • ネイティブアド
  • リターゲティング広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • 純広告
  • バナー広告
  • 記事広告
  • リワード広告

Web広告について詳しい解説は以下の記事をご参考にしてください。

【完全版】Web広告とは!?種類別の仕組みを徹底解説!>>

 

Shopifyの口コミ機能を使用する

「口コミ機能を使用する」ことで、ネットショップにレビュー機能を実装することができます。

出店:情報通信白書(総務省)

上記の表をご覧になってもらえばわかりますが、ネットショップで商品を購入する顧客の多くが商品のレビューを参考に購入しています。

商品に対してのレビューが増えることで、ネットショップの信頼向上が期待できるほか、商品に対してのネガティブな意見を参考に商品を改善することで、より良い商品が開発できます。

Shopifyはアプリをインストールすることで、無料からレビュー機能を実装できますのでご活用ください。

<Shopifyのおすすめレビューアプリ>

 

カゴ落ち対策をする

顧客が商品をカゴに入れたまま購入しないで離脱することを「カゴ落ち」と言います。

カゴ落ちは全顧客の約70%ほどの割合で発生しており、機会損失額は売り上げの2.5倍と言われています。

Shopifyでのカゴ落ち対策の主な方法は3つあります。

 

メールマーケティング

カゴ落ちしている顧客にメールを送信し商品の購入を促進する。

衝動的にカートに商品を入れて購入をしていない顧客などに有効です。

おすすめアプリ:Omnisend>>

 

ポップアップの表示

ネットショップを活用している全ての顧客に対してクーポンやキャンペーンのポップアップを表示させます。

クーポンなどで顧客にお得を与え購買意欲を促すことができます。

おすすめアプリ:Privy>>

 

購入フローの簡略化

SNSなどと連携してネットショップへのログインを簡単にすることでユーザーの手間を省くことができ、離脱防止に繋がります。

おすすめアプリ:One Click Social Login>>

 

Shopifyではこれらの機能をアプリをインストールすることで、実装できますので活用してください。

 

商品画像を増やす

「商品画像をを増やす」ことで売り上げ増大を期待できます。

顧客はネットショップで商品を購入する際、商品画像でしか商品の見た目を確認することができません。

商品画像が充実していることで、顧客が商品を細かく確認することができ、購入後に「イメージと違った」などのクレームもおきづらくなります。

しかし、ただ画像を増やせば良いわけでなく、画質が良くて商品が綺麗に見える画像を掲載するようにしてください。

画質の荒い画像を掲載することは、顧客の購買意欲を削ぐだけでなく、ネットショップのイメージダウンに繋がります。

ネットショップでの上手な商品撮影のテクニック>>

 

 

Shopifyで売れない原因に関するよくある質問

  • ネットショップでは何が売れるの?
  • Shopifyの将来性は?
  • Shopifyの成功事例は?

順番に解説します。

 

ネットショップって何が売れるの?

ネットショップで売れやすい商品の特徴として、

「流行の商品」「地域の特産物」「対面で購入しづらいもの」「低価格でまとめ買いできるもの」「持ち運びがしにくいもの」

「オリジナルの商品」「定期購入ができるもの」などが挙げられます。

しかし、どれだけ良い商品を販売しても集客をしなければ、ネットショップで売り上げを伸ばすことは難しいのでご注意ください。

 

Shopifyの将来性は?

Shopifyの将来性は高いと考えられます。

Amazonの4分の1の規模にまで拡大し「Amazonキラー」とまで言われています。

世界的認知度も増加していますし、今後も市場を拡大していくと考えられます。

 

Shopifyの成功事例は?

Shopifyを導入して売り上げを伸ばした成功事例を紹介します。

実際にShopifyで作られたサイトの事例をご紹介します。

 

レッドブル

URL:https://www.redbullshopus.com/

 

Partake Foods

URL:https://partakefoods.com/

 

KKW FRAGRANCE

URL:https://kkwfragrance.com/

 

Gaga Offisial Shop

URL:https://www.ladygaga.com/

COHINA

URL:https://cohina.net/

 

ゴーゴーカレー

URL:https://www.gogocurry.com/

 

ASUR

URL:https://asur.online/

 

Gadget mart

URL:https://gadget-mart.com/

より多くのShopifyの事例をご覧になりたい方は、以下の記事をご参考にしてください。

 

Shopifyで売れない原因|まとめ

Shopifyで売れない原因について解説しましたが、ご参考になったでしょうか?

まとめますとShopifyで売れない原因は以下の5点です。

  • 集客方法が間違っている
  • 商品の質が低い
  • サイトの機能性が低い
  • スマートフォンに対応していない
  • リピーターの獲得ができていない

売れないときの対処法は以下の5点です。

  • SEO対策をする
  • SNS集客をする
  • Web広告運用で集客する
  • Shopifyの口コミ機能を使用する
  • カゴ落ち対策をする

ネットショップでは良い商品を販売しても、集客をしなければ売り上げUPは難しいのでご注意ください。

Shopifyはデザイン性の高いサイトを比較的簡単に作成できますし、ネットショップ運営に必要な機能が豊富です。

正しい方法で集客をおこなうことで売り上げは伸びていくと思いますので、ネットショップ運営に興味のある方は、Shopifyを利用してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンや楽天で収益基盤を作る