Shopify構築をフリーランスに依頼する場合のメリット・デメリットや選び方を解説

Shopify構築をフリーランスに依頼する場合のメリット・デメリットや選び方を解説

  • 「Shopify構築ができるフリーランスはどうやって探せば良いだろう……」
  • 「Shopify構築をフリーランスに依頼するメリット・デメリットが知りたい」

自社でのShopify構築が難しい場合は、フリーランスに依頼するという選択肢があります。

しかし、本当にフリーランスに依頼して大丈夫なのか、特に初めての方は不安もあるでしょう。

結論から述べると、Shopifyの売上規模がまだ小さく予算も抑えたい場合は、フリーランスへ依頼するのがおすすめです。

本記事では、主にShopify構築ができるフリーランスの探し方やメリット、デメリットについて解説します。

また、制作会社と比較してそれぞれ依頼が適しているケースも紹介しますので、ShopifyでECサイトを構築したい方や依頼するフリーランスがまだ見つかってない方は、ぜひ参考にしてください。

\開発実績100件突破!ノーコードのプロ集団/

Shopify構築ができるフリーランスの探し方

Shopifyを構築できるフリーランスの探し方にはどのような方法があるでしょうか。ここでは2つの探し方をご紹介します。

クラウドソーシングサイト

Shopify構築ができるフリーランスを見つけるのに、クラウドソーシングサイトを利用するのは最適な方法です。

特に、クラウドワークスとランサーズは知名度が高く、Shopifyを構築できるフリーランスも数多く登録しています。

ハイスキルなフリーランスの探し方としては、主に以下の確認が重要です。

  • フリーランスのプロフィール
  • フリーランスのポートフォリオ
  • 過去の評価やレビュー

上記の情報を軸にして、Shopify構築を依頼すべきか判断すると良いでしょう。

 

SNS

SNSでShopify構築のフリーランスを探すことも可能です。

最近は仕事を獲得するために、SNSで情報発信しているフリーランスも増えています。

日本でユーザー数が1,000万人以上のSNSは、LINE・Youtube・Twitter・Instagram・Facebookと5つありますが、特に、Twitter・Instagram・Facebookは、DMで連絡を取りやすく、フリーランス探しにはぴったりと言えるでしょう。

 

Shopify構築をフリーランスに依頼するメリット

ここでは、Shopify構築をフリーランスに依頼するメリットを3つ紹介します。

コストが抑えられる

1つ目のメリットは、コストを大幅に抑えられることです。

クラウドソーシングなどで求人を出すと、駆け出しのフリーランスが応募してくることも多く、ポートフォリオとして利用することを条件に割安な料金でShopify構築を引き受けてくれる場合があります。

また、フリーランスは個人か少人数で制作を行うため、Shopify立ち上げの段階で正社員を雇用せず最小限の人件費で済む点はメリットと言えるでしょう。

 

専門的な技術を持っている可能性がある

2つ目のメリットは、専門的な技術を持っている可能性があることです。

独自のノウハウや最新の便利アプリを知っている優秀なフリーランスの場合、低コストかつハイクオリティなShopify構築を依頼できる可能性があります。

また、フリーランスが専門的な技術を持っていれば、複雑な開発にも対応できる場合があるため、過去の評価やスキルセットを確認したうえで相談してみると良いでしょう。

 

スムーズに依頼できる

3つ目のメリットは、スムーズに依頼できることです。

制作会社の場合、営業・コーダー・デザイナーとポジションごとに担当者が異なるため、コミュニケーションコストがかかります。

一方で、フリーランスは基本的に個人で対応してくれるため、依頼から制作までスムーズに進められる傾向があります。

コミュニケーションコストをできるだけ抑えたい方にとって大きなメリットと言えるでしょう。

 

Shopify構築をフリーランスに依頼するデメリット

Shopify構築をフリーランスに依頼することで高い費用対効果を望める一方、いくつかのデメリットがあることも頭に入れておく必要があります。

以下、Shopify構築をフリーランスに依頼するデメリットを3つ紹介します。

実績が不透明

1つ目のデメリットは、実績が不透明であることです。

フリーランスが構築したShopifyサイトをポートフォリオとして確認できない場合や、対応実績がまだ1~2件しかない場合は、求めている成果物より低いクオリティのものが納品されるリスクがあります。

低予算でShopify構築ができるフリーランスは、実績が不透明であることが多く、スキルセットを正確に把握できないため注意が必要です。

 

納期が守られないリスクがある

2つ目のデメリットは、納期が守られないリスクがあることです。

締め切りを設定しても何度も納期が遅れる場合は、契約を切る方法もありますが、納品物のクオリティが一定以上の場合はそうもいかないでしょう。

フリーランスに納期を守ってもらう対策としては、「納期に余裕を持たせる」「フリーランスに納期を設定させる」「機能やページごとに納品してもらう」などの方法があります。

 

途中で投げ出される可能性がある

最後のデメリットは、途中で投げ出される可能性があることです。

フリーランスは収入のために、自身のスキル以上の案件に応募することがあります。一度依頼したにもかかわらず途中で契約終了となると、また1からフリーランスを探さなければなりませんし、今までの時間が無駄になってしまいます。

依頼する前に他のクライアントからの口コミを確認し、途中で契約終了になったことがないかどうか念入りに確認したほうが良いでしょう。

 

Shopify構築をフリーランスに依頼するのが適しているケース

上記のように、フリーランスへの依頼にはメリット・デメリットの両方があります。ではどのような場合にフリーランスに依頼するのが適しているのでしょうか。

Shopify構築をフリーランスに依頼するのが適しているケースを2つ紹介します。

ECサイト構築の費用をなるべく抑えたい場合

制作会社は複数人が一つのプロジェクトに参加するので人件費がかかってしまい、ECサイト構築にかかる費用も高額になってしまいがちです。

一方、フリーランスは基本的にすべて一人で対応してくれます。「ECサイトで数商品しか取り扱う予定がない」「少ない制作工数で構築できる」「ECサイト構築に予算をかけられない」といった場合は、フリーランスに依頼するのが適していると言えるでしょう。

 

開発までの期間を短くしたい場合

開発までの期間を短くしたい場合も、フリーランスへの依頼が適しています。

その理由としては、フリーランスの業務はタイムリーに収入に直結するため、制作会社よりも対応が早い点が挙げられます。

また、細かい変更にも対応してくれる場合が多く、結果的に短い開発期間でShopifyを構築できるでしょう。

 

Shopify構築を制作会社に依頼するのが適しているケース

一方で、場合によってはフリーランスではなく制作会社に依頼する方が適していることもあります。

Shopifyの構築を制作会社に依頼した方が良いケースを2つ解説します。

\開発実績100件突破!ノーコードのプロ集団/

規模が大きい場合

サイトの規模が大きい場合は、制作会社に依頼するのが適しています。

規模が大きいと、制作や商品登録などの業務量も膨大になるため、フリーランスだけでは対応しきれない可能性が高いと言えます。

ただ、高い技術力を持ったフリーランスであれば対応できる可能性もあるので、フリーランスに依頼したい場合は、可能かどうか事前に確認してみると良いでしょう。

 

セキュリティを強く担保したい場合

セキュリティを強く担保したい場合も制作会社に依頼するのがおすすめです。

特に、個人情報は厳重に取り扱う必要があります。万が一、情報が漏洩すれば信用を失います。

フリーランスよりも制作会社の方がセキュリティ面で環境が整っている場合が多いでしょう。

もちろん誰に依頼しても100%安全とは言い切れませんが、セキュリティを強く担保したい場合は制作会社に依頼するのが適しているでしょう。

 

適切なフリーランスを見極めるポイント

Shopify構築を依頼するフリーランスを探すにあたって、どんなフリーランスを選べば良いかわからない方もいるでしょう。

そこで、Shopify構築を依頼する際に適切なフリーランスを見極めるポイントを4つ紹介します。

 

Shopify構築の実績が豊富か

まず、Shopify構築の実績が豊富か確認しましょう。

Shopifyは2017年に日本に参入した比較的新しいサービスで、Shopify構築の実績が豊富なフリーランス自体がまだ少ないです。

したがって、今の時点で既にShopify構築の実績が豊富なフリーランスは信用に値するでしょう。

また、ポートフォリオやホームページに掲載されているShopify構築の実績を見れば、そのフリーランスのスキルセットを理解するのに役立ちます。

 

「Shopify Experts」の認定を受けているか

2つ目は「Shopify Experts」の認定を受けているか確認しましょう。「Shopify Experts」とは、Shopify公認のフリーランス・制作会社を指します。

5つ以上のShopify構築経験とShopifyの審査に合格したフリーランス・制作会社だけがShopify Expertsとして認定されます。

そのため、Shopify Expertsの認定があるフリーランスなら高い専門性と信頼性が証明されているので、安心して依頼できます。

参考:【2022年版】Shopify Experts一覧まとめ。エキスパートになるには?基準も解説!

ECサイト構築の知識・スキルがあるか

3つ目は、ECサイト構築の知識・スキルがあるかどうか確認しましょう。

特に、ECサイトにおけるUIUXや決済方法などの設計は、​売上に大きな影響を与えるため非常に重要です。

Shopifyはテンプレートを使って簡単に構築できますが、「売れるサイト」を作るにはECサイトの知識・スキルが不可欠です。

参考:ECサイトの作り方を徹底解説!PHPやJavaなどプログラミング言語についても紹介

 

依頼者からの口コミや評価は適切か

Shopify構築を依頼するフリーランスを選ぶうえで、依頼者からの口コミや評価を判断材料にすることは重要です。

多くのクラウドソーシングサイトでは、依頼者からの口コミや評価を閲覧できます。

もし、複数件のShopify構築依頼を受けていて、依頼者からの評価も高い場合は、Shopify構築に慣れたスキルのあるフリーランスだと判断して良いでしょう。

 

Shopify構築をフリーランスに依頼する場合の注意点

Shopify構築をフリーランスに依頼する場合、短納期や低コストなどさまざまなメリットがあります。

一方で見逃せないリスクもあるため、具体的な注意点を3つ紹介します。

 

フリーランスによってスキルや知識に差がある

まず注意点の1つにフリーランスによってスキルや知識に差がある点が挙げられます。

Shopifyは管理画面で設定する項目が多く、経験の少ないフリーランスだと時間がかかってしまう可能性があります。

また、例えば配送日指定の機能を導入したいときは、専用アプリを入れる必要があるため、運営する上で便利なアプリを知っているかどうかも大切です。

さらに、Shopifyサイトをカスタマイズするときは、Shopifyのオリジナル言語LiquidとHTML、CSSを変更しなければなりません。

この3つのコーディングスキルの有無は制作に大きな影響を与えるため、依頼する前に必ず確認しましょう。

 

途中で連絡が取れなくなるケースがある

これはフリーランス失格とも言える行為ですが、途中で連絡が取れなくなるケースもあります。

せっかく依頼したのに連絡が取れなくなってしまえば、Shopify構築後の計画にも影響が出てしまうでしょう。

対応策として、「個人情報の提出必須」や「業務委託契約書の締結」などを行うことで、ある程度の抑止力につながります。

 

希望とは異なる成果物となるケースがある

フリーランスと依頼者間で、認識のすり合わせや完成イメージの共有がうまくできなかった場合、希望とは異なる成果物になってしまうケースがあります。

特にShopify構築を開始する前は、完成イメージの食い違いがないように何度も打ち合わせをしましょう。

また、打ち合わせの議事録を毎回残しておくこともプロジェクトを円滑に進めるために重要です。

 

本格的な運用を目指す場合は制作会社に依頼するのがおすすめ

制作会社は、フリーランスに比べて大規模なプロジェクトに対応できるリソースや経験を持っています。

ここではShopify構築を制作会社に依頼するメリットや制作会社への依頼が適しているケースについて解説します。

 

制作会社に依頼するメリット

制作会社に依頼するメリットは主に3つあります。

大規模なShopify構築ができるリソースと経験がある

1つ目のメリットは、大規模なShopify構築ができるリソースと経験がある点です。

制作会社にどこまで依頼するかによって変わりますが、フルカスタマイズかつブランディングまで制作会社に依頼する場合、1,000万円以上かかることもあります。

オリジナルデザインの制作だけでなく、データドリブンなマーケティングを行うためのアプリ開発やブランディングなど大規模なShopify構築を考えているなら、リソースと経験が豊富な制作会社に依頼したほうが良いでしょう。

 

Shopify構築後もあらゆるフォローを行ってくれる

2つ目のメリットは、Shopify構築後もあらゆるフォローを行ってくれる点です。

制作会社ではShopify構築だけでなく、保守や運用代行、マーケティングなど多角的なフォローを行ってくれます。

特に、今までECサイトを運営した経験がない企業だと、集客や販売に苦労することもあるでしょう。

Shopify構築後も制作会社と一緒にPDCAを回すことで、売上アップに大きく貢献してくれるはずです。

 

高品質なShopify構築が期待できる

3つ目のメリットは、高品質なShopify構築が期待できる点です。

Shopifyは、テンプレートを使えば見栄えの良いサイトを作ることが可能です。

しかし、オリジナルデザインのサイトを作りたい場合は、Web開発やデザイン知識が必要になるので、制作会社に依頼するのがおすすめです。

また、制作会社は複数人でプロジェクトを進行・管理してくれるので、依頼者はビジネス戦略の立案などに時間を使えます。

 

\開発実績100件突破!ノーコードのプロ集団/

Shopify構築をフリーランスに依頼するメリットまとめ

本記事では、Shopify構築をフリーランスに依頼する場合のメリット・デメリットや選び方のポイントを解説しました。

注意点はいくつかありますが、ECサイト構築の費用をなるべく抑えたい場合はフリーランスに依頼するのがおすすめです。

また、「制作に使える予算が限られている」「短期間でECサイトが必要」「ECサイトの質にもこだわりたい」と考えている方には、ノーコードで開発できるサービスツクル事業部がおすすめです。ハイスピード・ローコスト・ハイクオリティを強みに、ECサイト作成やアプリケーション開発を行い、企業の課題解決にもつなげます。

ECサイト構築でお悩みの方は、ぜひツクル事業部にご相談ください。

\開発実績100件突破!ノーコードのプロ集団/