MENU

Thirdwebとは?NFTやマーケットプレイス・トークンを作成できる?

NFTやマーケットプレイス・トークンを作成できると話題のThirdwebですが、まだ情報が少ないため、初めて利用する方は分からないことが多いと思います。

こちらの記事では、Thirdwebの料金や使い方を解説していますので、参考にしてください。

 

Thirdwebとは?

Thirdwebとは、NFTや、マーケットプレイス、トークンを作成できるノーコードツールです。

著名な起業家、クリエイターたちから500万ドルの資金調達を完了したことでも注目を集めています。

現状、日本語に対応しておらず、各サービスとの接続にTypescriptやPythonなどのプログラミングの知識が必要になります。

初めて利用する方は難しいと感じるかもしれませんが、無料から利用できますので、興味のある方は一度利用してみることをおすすめします。

 

Thirdwebの料金は収益の一部から発生する

Thirdwebは、利用自体は無料です。

Thirdwebを利用して、作成したNFTなどで獲得した収益の一部が料金として発生します。

獲得した収益が多くなるほど、発生する料金も高くなる仕組みです。

Thirdweb公式サイトから料金の計算ができますので、活用してください。

例として、100,000USDCを売り上げた場合は、95,000USDCが自身の収益になり、5,000USDCがThirdwebに支払う料金になります。

画像出典:Thirdweb

 

Thirdwebの使い方を解説!

簡単なNFTを作成しながら、Thirdwebの使い方を解説します。

 

事前準備~接続

ThirdwebでNFTを作成するためには、いくつか事前に設定を行う必要があります。

STEP.1

STEP.2

検索窓から「Polygon」と検索し、「Connect Wallet」をクリックしてMetaMaskに追加してください。

詳しい接続方法につきましては、以下の記事を参考にしてください。

MetaMaskに簡単にネットワークを追加する

今回はテスト環境で行いますので、「Polygon Teatnet Mumbai」を選択します。

STEP.3
Polygon Faucetにアクセス。

STEP.4
自身のWalletアドレスを入力。

テストネットの場合、Faucetから無料でトークンを貰うことができます。

Wallet Addressは、MetaMaskからコピペして張り付けましょう。

手続き完了後、ウォレットに残高が追加されます。

STEP.5
Thirdweb公式サイトにアクセス。

STEP.6
「Get Early Access」をクリック。

STEP.7
「Connect Wallet」をクリック。

STEP.8
接続するWalletを選択。

  • MetaMask
  • WalletConnect
  • Coinbase Wallet

今回は、MetaMaskを選択します。

選択後、MetaMaskとの接続画面が表示されますので、「接続」をクリックしてください。

STEP.9
Walletと接続する。

MetaMaskとの接続を承認し、ネットワークの切り替えを行ってください。

STEP.10
https://thirdweb.com/」にアクセス。

「Go to dashboard」をクリックして、ダッシュボードに進んでください。

 

NFTの作成

以下の手順を参考に実際にNFTを作成してみましょう!

STEP.1
「Get Early Access」をクリック。

STEP.2
ネットワークを設定。

テストネット(プロジェクトの開始とテストに最適)

  • Mumbai
  • Rinkeby

メインネット(生産とスケーリングに最適)

  • Ethereum
  • Polygon
  • Avalanche
  • Fantom

STEP.3
画像の項目を入力。

  • プロジェクトの名前
  • プロジェクトの説明

入力後、「Continue」をクリックしてください。

MetaMaskの確認画面が表示されますので、確認をクリックしてください。

STEP.4
「Add Module」をクリック。

STEP.5
ドロップを選択。

選択後、画面下部の「Setup Module」をクリックしてください。

STEP.6
NFTの設定をして完了。

設定後「Confirm Configuration」をクリックしてください。

MetaMaskの確認画面が2回表示されますので、確認してください。

 

NFTの公開

次に作成したNFTを公開しましょう。

STEP.1
ダッシュボードから公開するNFTをクリック。

STEP.2
「Embed」から埋め込みコードをコピー

STEP.3
コードを埋め込んで完了。

コーディングを行わずともNFTを作成することができました!

 

Thirdweb|まとめ

Thirdwebについて解説しましたが、参考になったでしょうか?

Thirdwebは、NFTやマーケットプレイス・トークンを作成できる珍しい特徴を持ったノーコードツールです。

また現状、日本語に対応しておらず、各サービスとの接続にTypescriptやPythonなどのプログラミングの知識が必要になります。

初めて利用する方は、難しいと感じるかもしれませんが、無料から利用できますので、興味のある方は一度利用してみることをおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。