Shopifyで日本語へ言語を切り替える方法。テーマの日本語化についても解説!

Shopifyの日本語への言語切り替え設定について知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

Shopifyの管理画面の日本語への言語切り替え設定・Shopifyのテーマの日本語化・翻訳・日本語フォント・その他Shopifyの日本語に関する内容について解説しています。

Shopifyとは、世界最大のECプラットフォームです。

ノーコードツールに分類され、プログラミング不要でECサイトを作成できます。

世界中の言語・決済方法を網羅しており、越境ECに強い特徴があります。

 

Shopifyの日本語への言語切り替え|管理画面

管理画面はストアに訪れた顧客から見える画面でなく、ストアを運営しているスタッフ側から見える画面になります。

管理画面を日本語へ切り替える方法は、以下の通りです。

1.ストア画面から画面右上の自身のアカウントをクリック。

2.「プロフィール」をクリック。

3.「言語」から日本語を選択して完了。

 

Shopifyテーマの文言の日本語化

Shopifyテーマとは、テンプレートを使用してデザインの構築ができるShopifyのサービスです。

Shopifyのテーマには高性能なものが多く、カスタマイズがしやすいため、ECサイト運営の経験が浅い初心者から経験豊富な上級者まで幅広い層におすすめです。

Shopifyテーマの文言の日本語化につきましては、以下の手順をご参考にしてください。

1.ストア画面の左部分の「オンラインストア」から「テーマ」を選択。

2.「アクション」をクリック。

3.「言語を編集」をクリック。

4.赤枠部分から編集したいページを選択。

5.青枠部分の日本語訳を緑枠部分に記入。

6.「保存」をクリック。

 

Shopifyテーマの翻訳方法

Shopifyテーマの中には、翻訳機能を持ったものがあり翻訳機能を使用することで、日本語で作成したサイトを自動で他の言語に翻訳することができます。

翻訳機能があるテーマとして以下の2点が挙げられます。

▶Debut

URL:https://themes.shopify.com/

 

▶Briiklyn

URL:https://themes.shopify.com/

 

Shopifyテーマのカスタマイズ・自作方法

Shopifyテーマは自身でカスタマイズ、または自作することが可能です。

HTML・CSSの専門的な知識が必要になりますが、カスタマイズや自作をすることで、他のストアとの差別化を図れるなど独自性の高いストアに仕上げることができます。

 

Shopifyストアを日本語フォントへ切り替える方法

Shopifyでデフォルトの言語として日本語を使用するためには、無料テーマを使用する必要がある点にご注意してください。

有料テーマの場合には、デフォルトで日本語に対応していないことが多く、コードを編集してカスタマイズする必要があります。

<テーマのコピーをする>

注意点ですが、コードの編集をする前に必ずテーマのコピーをしてください

テーマのコピーをしておくことで、トラブルが起きた際にも最初の状態に戻すことができ安心です。

1.ストア画面の左部分の「オンラインストア」から「テーマ」をクリック。

2.「アクション」をクリック。

3.「複製」をクリック。

以降の手順につきましては、以下の記事をご参考にしてください。

 

Shopifyの日本語に関するよくある質問

Shopifyの日本語に関するよくある質問を解説します。

  • Shopifyの日本語サポート内容は?
  • Shopifyの明細書は日本語で発行できる?
  • Shopifyの納品書は日本語で発行できる?
  • Shopifyの日本語対応のアプリは?

 

Shopifyの日本語サポート内容は?

Shopifyが提供する日本語サポートには、以下のサポート方法があります。

  • Shopifyのヘルプサポートセンター
  • Shopifyの日本語チームによるメール対応
  • Shopify公式のTwitter

以上の3点になります。以下の記事でShopifyのサポート内容について詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

 

Shopifyの明細書・納品書は日本語で発行できる?

Shopifyには、デフォルトで明細書が備わっていますが英語表記のため日本語に編集する必要があります。

しかし日本語に編集するためにはカスタマイズが必要であり、HTML・CSSの専門的な知識が必要になりますので、初心者には不向きです。

そのためアプリを使用して作成する方法が一般的になります。

おすすめアプリとしては、無料で使用できるOrderPrinterが挙げられます。

こちらもデフォルトが日本語であり、HTMLでのカスタマイズが必要になりますが、HTMLに関する多少の知識があれば比較的簡単にカスタマイズできるので安心です。

 

Shopifyの日本語対応のアプリは?

▶配送日時指定

URL:配送日時指定>>

 

▶予約販売アプリ

URL:予約販売アプリ>>

 

▶タイムズアクト

URL:タイムズアクト>>

その他の日本語向けのアプリにつきましては、以下のサイトをご参考にしてください。

 

Shopifyの日本語切り替え|まとめ

Shopifyの日本語化について解説しましたが、ご参考になったでしょうか?

Shopifyは、まだ日本語に対応しきっておらず不十分な点がありますが、カスタマイズ性が高くデザイン性の高いECサイトを構築できるサービスです。

Shopify japanの設立などにより少しづつ日本語サポートも充実していますし、日本語化にもより対応してくと思われます。

Shopifyに興味のある方は、無料のトライアルから始められますのでご活用ください。