SNSアプリの作り方を解説!開発費用の相場は?個人で作成できる?

SNSアプリ 作り方

近年、TwitterやInstagramといったSNSアプリが非常に流行っていますが

「独自のSNSアプリが欲しい」「SNSアプリを自分で作りたい」といった要望をお持ちの方はいるのではないのでしょうか。

そのような方に向けて、本記事では以下の内容を解説しています。

  • SNSアプリの開発に関する前提知識
  • SNSアプリの作り方
  • 開発方法別の費用の相場
  • SNSアプリの開発を外注するべきか

ぜひ、最後まで読んでいただけますと幸いです。

 

\簡単無料見積もり/

 

SNSアプリの開発は外注がおすすめ

開発するアプリの規模や開発者のスキルによりますが

サービスとしてリリースするクオリティのアプリを開発する難易度は高いです。

 

 

SNSアプリの開発に関する前提知識

SNSアプリの作り方を解説する前に、以下の4点について理解しておきましょう。

  1. SNSアプリの種類
  2. SNSアプリに必要な機能
  3. SNSアプリかSNSサイトどちらが最適か
  4. 独自のSNSアプリを開発するメリット

それぞれみていきましょう。

 

1.SNSアプリの種類

そもそもSNSアプリといっても「オープンSNS」「クローズドSNS」「特化型SNS」の3つの種類に分けられる点に注意してください。

それぞれの違いをみていきましょう。

 

オープンSNS

オープンSNSとは「Twitter」「Facebook」「Instagram」のような投稿内容が不特定多数のユーザーに公開されるSNSのことです。

SNSを活用して認知拡大をしたい場合に最適なサービス形態です。

 

クローズドSNS

クローズドSNSとは「LINE」「Slack」「Chatwork」などの特定のユーザー同士のコミュニケーションを目的としたSNSのことです。

ユーザーのプロフィールやユーザー間のやり取りが外部に公開されることがなく、特定のユーザー内でのみ情報を共有できるメリットがあります。

 

特化型SNS

特化型SNSとは、特定の分野に特化したSNSのことです。

ビジネス分野でいうと「Linkedin」といったサービスが挙げられます。

特定の分野に特化しているため、同じ目的や趣味をもった人と繋がりやすいメリットがあります。

 

2.SNSアプリに必要な機能

次にSNSアプリに必要な機能をみていきましょう。

SNSアプリに必要な機能として、主に以下の機能が挙げられます。

  • ユーザー管理機能
  • メッセージ・チャット機能
  • タイムライン機能
  • 画像や動画のシェア機能
  • 検索機能
  • コミュニティ機能
  • 通知機能

それぞれの機能についてみていきましょう。

 

ユーザー管理機能

ユーザー管理機能は、ユーザーの登録情報を管理する機能です。

ログイン機能やプロフィール画面もこれに含まれます。

最近ですと、他のサービスで利用しているアカウントでログインできる「ソーシャルログイン」といった機能も広まっており、それらの機能を実装することでユーザーの利便性向上が期待できます。

 

メッセージ・チャット機能

ユーザー同士のコミュニケーションを目的とするならば、メッセージ機能は必須でしょう。

最近のSNSの特徴としては、オープンSNSやクローズドSNSに関わらず個別でチャットができる機能を備えていることが多いです。

 

タイムライン機能

タイムライン機能は、ユーザーの投稿が時系列で表示される機能です。

Twitterなどの主流なSNSでは、必須でこの機能を備えています。

タイムライン機能を実装する際に、フォローしているユーザーのみの投稿を表示する等の仕組みも設計する必要があります。

 

画像や動画のシェア機能

画像や動画のシェア機能は、SNSの仕組みによって不要になることもありますが、実装することでユーザーが伝えたいことを、よりわかりやすく表現できるといったメリットがあります。

しかし、SNSアプリの規模が大きくなる場合は、バックエンド・インフラの機能強化が必要になる点に注意してください。

 

検索機能

検索機能を実装することで、ユーザーが特定のキーワードを入力して、それに関連する情報にアクセスしやすくしやすくなります。

ユーザーの利便性が向上するだけでなく、同じ目的や趣味をもったユーザー同士を見つけやすくなるメリットもあります。

 

コミュニティ機能

コミュニティ機能は、同じ目的や趣味をもったユーザー同士がグループを作成できる機能です。

ユーザー同士の繋がりが強まることで、よりSNS内のコミュニケーションが活発になるでしょう。

 

通知機能

SNSおいて新着メッセージや投稿に対する反応があった際に通知する機能は必須です。

全ての反応に対して通知するのではなく、個人メッセージのみ通知するなど、細かいカスタマイズをできるようにすることで、よりユーザーの利便性が高まるでしょう。

 

3.SNSアプリとSNSサイトどちらが最適?

そもそも作りたいサービスは、SNSアプリという形態が最適でしょうか?

SNSと一括りにしてもアプリだけでなく、SNSサイトといったサービスの形態もあります。

双方を比較したメリット・デメリットは、以下の表をご覧になってください。

サービス形態 SNSアプリ SNSサイト
メリット
    • 継続的な利用が期待できる
    • 通信速度が安定している
    • ダウンロードの手間がない
    • 開発費用を抑えやすい
デメリット
    • ダウンロードする手間がある
    • 開発費用が高め
    • 継続的に利用されにくい
    • 通信速度がユーザー依存

それぞれメリット・デメリットがありますが、開発するサービス内容によってどちらが最適か異なります。

自身のサービスに最適な形態を選択するようにしましょう。

 

4.独自のSNSアプリを開発するメリットはある?

「Twitter」「Facebook」「Instagram」といったSNSアプリがある中で独自のSNSアプリを開発する目的は何でしょうか?

次の章で解説する方法で開発費用を抑えることができますが、それでもアプリ開発には高額な費用がかかります。

高額な費用を支払ってまで開発するメリットがあるのかを事前に明確にしましょう。

 

\SNSアプリの開発に対応/

ツクル事業部

 

SNSアプリの作り方

SNSアプリの開発に必要な事前知識が分かったところで、次にSNSアプリの作り方を解説します。

具体的にSNSアプリを開発する方法は、以下の3つの方法があります。

  1. アプリ開発会社に外注をする
  2. プログラミングを用いて個人開発する
  3. ノーコードで外注・個人開発

それぞれみていきましょう。

 

1.アプリ開発会社に外注をする

1つめは、アプリ開発会社に外注をする方法です。

外注をする際のメリット・デメリットは、以下の表の通りです。

開発方法 開発会社に外注
メリット
    • 開発を丸投げできる
    • 高機能なアプリの開発ができる
    • 学習時間が不要
デメリット
    • 外注費用が高額

アプリの開発を外注することで外注費用はかかってしまいますが、開発を丸投げできる・高機能なアプリの開発ができるメリットがあります。

個人で開発する場合、膨大な学習時間・開発時間が必要ですし、高機能なアプリを開発するハードルはかなり高いです。

リソースに余裕のある方は、外注を検討しましょう。

 

2.プログラミングを用いて個人開発する

2つめは、プログラミングを用いて個人開発する方法です。

プログラミングを用いて個人開発する際のメリット・デメリットは、以下の表の通りです。

開発方法 プログラミングを用いて個人開発
メリット
    • 高機能アプリも無料で開発できる
    • カスタマイズ性が高い
デメリット
    • 多くの学習時間が必要
    • リリースレベルのアプリの開発は難しい

開発者のスキルに左右されますが、プログラミングを用いて個人開発することで、高機能なSNSアプリも無料で開発することができます。

しかし、一からプログラミングの学習を始める場合は、注意してください。

プログラミングはかなり難易度の高いスキルということもあり、1年以上の学習時間が必要になります。

また、難しさのあまり途中で挫折してしまうケースが大半です。

一から学習をして、サービスとしてリリースできるクオリティのアプリを開発する難易度はかなり高いでしょう。

 

3.ノーコードで外注・個人開発

3つ目は「ノーコード」で開発する方法です。

ノーコードとは、プログラミングが不要でアプリやWebサイトの開発ができる技術のことです。

ノーコードを用いて開発する際のメリット・デメリットは、以下の表の通りです。

開発方法 ノーコード
メリット
    • 開発工数とコストを抑えられる
    • 学習期間が比較的短い
    • 外注する際の費用を抑えられる
デメリット
    • 機能の制限がある

ノーコードを用いることで個人開発・外注を問わず、開発工数と開発コストを抑えられるメリットがあります。

また、個人で開発する際の学習時間もプログラミングと比較して短い傾向がありますので、一から学習して個人で開発するハードルも多少低くなります。

 

SNSアプリの開発を外注する際の費用はいくら?

SNSアプリの開発費用は、開発するアプリの規模や実装する機能によって大きく変動するため、一概には言えませんが、フルスクラッチで開発する場合、最低で50万円程かかるケースが多いです。

以下の表では「小規模なSNSアプリ」「中規模なSNSアプリ」「大規模なSNSアプリ」を開発する場合のフルスクラッチとノーコードの開発費用の比較を記載しています。

SNSアプリの規模 小規模 中規模 大規模
開発費用(フルスクラッチ) 50~200万円 200~500万円 500万円~1,000万円
開発費用(ノーコード) 10万円~100万円 100~200万円 200万円~1,000万円

表の料金は大まかなものであり、実装する機能やサービスの規模によって大きく異なります。

SNSアプリの開発を検討している方は、まずは無料見積もりを行うのが良いでしょう。

 

\SNSアプリの開発に対応/

 

SNSアプリの開発は外注するべき?

結論、SNSアプリの開発は外注することをおすすめします。

個人で開発することも可能ですが、かなりの学習時間と開発時間が必要になります。

先程も記載しましたが、プログラミングを学習する大半の方が難しさのあまり途中で挫折してしまいますので、個人で開発するハードルはかなり高いです。

先程紹介した「ノーコード」といわれる開発技術を用いることでプログラミングと比較して少ない学習時間・開発時間でアプリを開発することができますが、それでも一から開発するハードルは高いでしょう。

SNSアプリに限らずアプリの開発は、基本的に外注することをおすすめします。

 

【ツクル事業部】SNSアプリの開発はお任せください

ツクル事業部

NoCode DBを運営する「ツクル事業部」は、100件以上の開発実績を誇るノーコード開発会社です。

SNSアプリの開発にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

\SNSアプリの開発に対応/

 

SNSアプリの作り方|まとめ

SNSアプリの作り方について解説しましたが参考になったでしょうか?

本記事では、SNSアプリを作る3つの方法を解説しました。

  1. アプリ開発会社に外注
  2. プログラミングを用いて個人開発
  3. ノーコードで外注・個人開発

どの開発方法もメリットとデメリットがありますが、サービスとしてリリースする場合は、基本的に外注をおすすめします。

NoCode DBを運営する「ツクル事業部」は、ノーコードの開発に強みを持っています。

SNSアプリの開発にも対応していますので、お気軽にご相談ご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。