【ニュースアプリの作り方】開発方法や費用を徹底解説!

ニュースアプリ 開発

・ニュースアプリを作りたい
・ニュースアプリの開発費用や開発手順を知りたい
・開発費用を抑える方法を知りたい

このような方は、本記事を参考にしてください。

ニュースアプリの開発について、以下の内容を解説しています。

  • 開発に必要な機能
  • 開発にかかる費用
  • 開発方法2つ
  • 実際の開発手順
  • 開発する際の注意点

ぜひ、最後までご覧になってください。

 

\ニュースアプリの開発はお任せください/

ニュースアプリの開発はプロにお任せ

ニュースアプリとは?

ニュースアプリとは、様々なジャンルの情報を発信することができるアプリです。

近年多くのニュースアプリが作られており、多くの人々に利用されている「グノシー」や「NewsPicks」などもニュースアプリの一種です。

自社サイトをアプリ上で展開するオウンドメディア型や、ユーザーにとって重要な情報をピックアップするキュレーション型など、同じニュースアプリと言っても様々な種類に分けられます。

また、最近のニュースアプリは、記事に対してユーザーがコメントを付けれる・有料会員のみに記事の内容を公開できるといった特徴を持っています。

 

ニュースアプリの開発に必要な機能

ニュースアプリの開発に必要な機能は、配信する情報のジャンルや広告の種類によって大きく異なります。

例として、最新情報を発信するようなニュースアプリであれば、ニュースの自動検索やプッシュ通知などの機能が必要になりますが、情報の鮮度があまり求められない、ストック型の情報を中心に発信するのであれば、カテゴリー機能やタグ機能などの機能を実装し、ユーザーが欲する情報にいち早くアクセスできるようにする必要があります。

また、アプリ内に掲載する広告の種類によっても必要な機能は異なります。

アプリ内で広告収益を得たいのであれば、利用ユーザーの目に入りやすい設計やデザインが重要になりますし、アプリ内課金からの収益を得たいのであれば、課金のための導線を設計するほか、課金に必要な作業を簡略化するために、Amazonや楽天のアカウントで課金をできるようにするなどの工夫も必要です。

以下、ニュースアプリに共通して必要な機能と、プラスaであると良い機能の例を紹介します。

 

基本機能

ニュースアプリの開発に必要な基本的な機能は、以下の表の通りです。

機能 機能の概要
記事の配信や閲覧機能 記事を配信・閲覧するための機能
動画の再生機能 記事内の動画を再生するための機能
コメント/掲示板機能 記事に対するコメントをするための機能
SNS連携機能 SNSと連携するための機能
購読 有料コンテンツを購入するための機能
会員登録機能 会員情報を登録するための機能

 

サービス内容によって必要な機能

ニュースアプリを開発する際に、サービス内容によって必要な機能は、以下の表の通りです。

機能 機能の概要
通知機能 新着記事等の情報を通知するための機能
ブックマーク機能 お気に入りの記事をブックマークするための機能
閲覧履歴の保存・表示機能 閲覧した記事を保存・表示するための機能
タブ・カテゴリー機能 タブやカテゴリーで表示される記事を分類するための機能
エリア設定機能 地域別の記事を表示するための機能
ダウンロード機能 記事をダウンロードするための機能

 

ニュースアプリの開発費用

ニュースアプリ 開発費用

ニュースアプリの開発費用は、発信するジャンルによって大きく異なるため、一概には言えませんが、200万円~600万円が相場になります。

特に、ネイティブアプリを開発する場合、iOS版とAndoroid版を分けて開発する必要があるため、費用が高額になります。

サービスの内容によっては、開発費用を抑えられるWebアプリやハイブリッドアプリの開発を検討しましょう。

また、実装する機能によっても費用が大きく異なります。

ニュースアプリの主な機能の実装費用つきましては、以下の表を参考にしてください。

機能 実装費用の目安
広告機能 10~30万円
サイト内検索機能 5~10万円
ログイン機能 10~30万円
アプリ内課金機能 20~25万円
プッシュ通知機能 10~100万円
チャット機能 20~40万円
他アプリとの連携 10~40万円

1つの機能の実装に約10万円以上の費用がかかりますので、開発前の設計の段階で必要な機能を洗い出しましょう。

また、開発後にも追加開発やバグ修正といった運用・保守費用がかかりますので、予算には余裕を持っておきましょう。

 

\ニュースアプリの開発はお任せください/

ニュースアプリの開発はプロにお任せ

 

ニュースアプリの開発方法2つ

ニュースアプリの開発方法は、以下の2つの方法に分けられます。

  1. フルスクラッチで開発
  2. ノーコードで開発

それぞれの開発方法の概要・メリット・デメリットを解説します。

 

1.フルスクラッチで開発

メリット デメリット
・開発の自由度が高い
・独自のアプリを開発できる
・開発費用が高い
多くの開発工数がかかる

フルスクラッチ開発とは、ゼロからオリジナルのアプリを開発する方法です。

テンプレートやフレームワークを用いずに開発を行うため、開発の自由度が高く、完全オリジナルのニュースアプリを開発したい場合や多くの情報を扱うニュースアプリを開発する際に最適な開発方法です。

しかし、開発を外注する場合は、高額な費用がかかってしまうといったデメリットがありますので、予算に余裕のない方は注意が必要です。

 

2.ノーコードで開発

メリット デメリット
・開発費用を大きく抑えられる
・開発工数を大きく抑えられる
・自作で開発しやすい
・機能に制限がある

「ノーコード」とは、プログラミング不要でアプリやWebサイトの開発ができる技術のことです。

2年ほど前から、非エンジニアでも開発ができる技術として国内で注目を集めています。

開発を外注をする場合でも、平均して30~50%の開発費用の削減に成功している事例が多く、費用を抑えつつ外注をしたい方に非常におすすめな開発方法です。

そのため、ニュースアプリの開発を検討している方は、開発会社にノーコードで実現可能か相談することをおすすめします。

また、開発にプログラミングが不要なため、開発を内製したいという方にもノーコードはおすすめです。

4か月ほどの学習期間が必要ですが、簡単なニュースアプリであれば内製で開発も可能でしょう。

*開発にプログラミングは不要ですが、アプリの設計等を行う必要があるため、サービスとして公開するクオリティのニュースアプリを開発する難易度は高いです。

ノーコードの開発を相談する

 

\ノーコードの開発はお任せください/

ノーコードでスピード開発

 

ニュースアプリを開発する実際の開発手順

ニュースアプリ 開発 手順

1.企画

まず最初に、ニュースアプリの仕様書を作成する必要があります。

仕様書とは、開発の目的・対応端末・実装機能・画面遷移などのアプリの開発に必要な情報をまとめたものです。

また、仕様書は技術仕様書・機能仕様書といったように用途別に仕様書を作成するのが一般的です。

 

2.設計

次に、作成した仕様書を元にニュースアプリの設計を行います。

画面デザインや実装機能、ボタンの配置など、専門的な知識が必要な工程になります。

この設計が完成するアプリの良し悪しを左右しますので、細かい個所まで設計しましょう。

 

3.開発

ニュースアプリの設計ができたら、アプリの開発を行いましょう。

しかし、開発の段階で不具合が発生したら、設計に戻り、不具合の原因を調査する必要があります。

不具合の内容にもよりますが、解決にかなりの時間を要する可能性がありますので、注意が必要です。

このようなトラブルが起きないように、アプリの設計は細かく行う必要があります。

 

4.テスト

ニュースアプリがある程度完成したら、必ずリリース前にテストを行いましょう。

開発側では気づけない不具合でも、実際の画面で操作することで気づくことがあります。

また、基本的にアプリは一度の開発で完成することはありません。

リリース後も、バグの発生やユーザーからの追加要望等によって、修正・改善を繰り返す必要がある点に注意してください。

 

5.リリース

テストを終えて、ニュースアプリが完成したら実際にリリースしましょう。

ネイティブアプリの場合は、AppStoreやGoogle Playに申請を行い、許可が下りないとリリースができない点に注意してください。

リリース申請は、平均して1週間〜1か月ほどかかるため、余裕をもって申請を行いましょう。

また、リリース直後はバグの発生がかなり多いです。

内製で開発する場合、リリース後2~3ヵ月は、バグ発生時にすぐに対応できるように、必ず人材の確保をしておきましょう。

 

ニュースアプリの開発を外注する際の注意点

ニュースアプリの開発を外注する場合、以下の2点に注意してください。

  1. 作りたいアプリのイメージを固めておく
  2. 納期に余裕を持つ

それぞれ解説します。

 

1.作りたいアプリのイメージを固めておく

開発に必要な情報がまとまっていない状態で開発を丸投げすると、要件定義にかなりの時間がかかります。

そのため、稼働時間も長くなり、外注費用も高くなってしまいます。

開発に必要な情報を可視化しておくことで、開発までの流れがスムーズになりますので、できるだけ細かくまとめておきましょう。

 

2.納期に余裕を持つ

納期に余裕を持たないで依頼をすることで、外注費用が高くなる場合があります。

理由は短期案件の場合、集中して人員を割く必要があり、緊急対応料金を請求される可能性があるからです。

また、納期に余裕がないと、トラブルが発生した際の修正時間も限られているため、依頼を断る企業も増えてきます。

ニュースアプリの開発規模にもよりますが、完成まで2か月~4ヵ月ほど余裕をもって依頼することをおすすめします。

 

【ツクル事業部】ニュースアプリの開発はお任せください

ツクル事業部

NoCode DBを運営する「ツクル事業部」は、フルスクラッチ開発からノーコード/ローコード開発まで対応した開発サービスを提供しています。

在籍するノーコードエンジニアは国内TOPレベルの技術力を誇り、複雑な要件にも対応可能です。

「こんなニュースアプリを作りたい」といった内容で構いません。まずはお気軽にご相談ください。

 

\ニュースアプリの開発はお任せください/

 

ニュースアプリの作り方|まとめ

以上、ニュースアプリの開発について解説しました。

ニュースアプリの開発費用は、実装機能によって大きく変動するため、一概には言えませんが、200~600万円が相場になります。

1つの機能を実装するごとに、10万円以上の費用がかかりますので、アプリの企画の段階で実装機能を洗い出すことが、開発費用を抑えるうえで重要になります。

また、開発の自由度は落ちてしまいますが、先程解説した「ノーコード」を活用することで、開発費用と開発工数を抑えられる可能性があります。

「費用を抑えつつ開発を外注をしたい」といった方は、ノーコードを用いた開発を検討してみてはいかがでしょうか。

NoCode DBを運営する「ツクル事業部」は、フルスクラッチ開発からノーコード/ローコード開発に対応した開発サービスを提供しています。

ニュースアプリの開発を検討している方は、お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ノーコードでスピード開発