チャットアプリの作り方。開発別の費用・個人で開発する方法を解説!

チャットアプリ 作り方

「チャットアプリはどんな方法で開発できるの?」「チャットアプリの開発費用の相場はいくら?」このような疑問をお持ちの方は、本記事を参考にしてください。

チャットアプリの開発について、以下の内容を解説しています。

  • チャットアプリの作り方
  • チャットアプリの開発費用の相場
  • チャットアプリは個人で開発できるのか
  • チャットアプリの外注先におすすめの企業

ぜひ、最後までご覧になってください。

 

\チャットアプリにも対応しました!/

ツクル事業部

 

チャットアプリの作り方を3つ紹介

チャットアプリを開発する方法として、以下の3つの方法があります。

  1. プログラミングを用いて個人で開発する
  2. アプリ開発会社に外注する
  3. ノーコードで個人で開発、もしくは外注する

それぞれみていきましょう。

 

1.プログラミングを用いて個人で開発する

1つ目の方法は、javaやhtml・css等のプログラミング言語を用いて個人で開発する方法です。

個人で開発するため、開発費用がほとんどかからないメリットがあります。

しかし、アプリの開発ができるようになるまでにかなり学習コストがかかってしまい、大半の方が挫折してしまうでしょう。

今からプログラミングを学習して開発する場合は、かなりの覚悟をもって学習をする必要があります。

 

2.アプリ開発会社に外注する

2つ目は、アプリ開発会社に外注する方法です。

外注費用がかかるデメリットがありますが、個人で開発する場合と比較して、クオリティの高いアプリを開発することができるでしょう。

また、開発する際の時間的コストも削減できるため、他の業務に集中できるメリットがあります。

 

3.ノーコードで開発する

3つ目は、ノーコードで開発する方法です。

ノーコードとはプログラミング不要でアプリやWebサイトの開発ができる技術のことです。

全世界で600種類以上のノーコードツールがあり「アプリ開発」「Webサイト作成」「データ連携」といった様々な用途に利用されています。

また、プログラミングほど学習コストが必要ないため、個人で開発するハードルも多少低くなります。

チャットアプリを開発できるノーコードツールを3つ紹介します。

 

Adalo

Adaloとは、ネイティブアプリを開発できるノーコードツールです。

チャットアプリの開発にも対応しており、実際にAdaloを活用して作られたChattyは、翻訳機能を搭載した特徴的なチャットアプリです。

また、Adaloは、作成したアプリをAppleストア・Googleストアにリリースすることも可能です。

 

Bubble

Bubbleとは、Webシステムを開発できるノーコードツールです。

ノーコードツールの中でもトップクラスのカスタマイズ性を誇り、難しい要件にも対応可能です。

以下の記事では実際にBubbleを活用してLINE風のチャットアプリを開発する方法を解説しています。

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説 ~新レスポンシブ対応済~

 

Glide

Glideのロゴ

Glideは、幅広いアプリの開発ができるノーコードツールです。

スプレッドシートのデータを元にアプリを開発できる特徴があります。

チャットアプリのテンプレートもあるため、簡単なチャットアプリであれば数分で開発することができるでしょう。

 

\チャットアプリにも対応しました!/

 

チャットアプリの開発費用はいくら?

チャットアプリを開発する方法はわかりましたが、開発にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

開発手法別の費用の相場を解説します。

 

1.プログラミングを用いて個人で開発する場合:無料~

プログラミングを用いて開発する場合の費用は、以下の表の通りです。

開発費用 無料~
開発時間 3ヵ月以上
学習時間 約半年

開発費用は安く済みますが、開発時間がかなりかかってしまいますね。

また、学習時間も約半年と膨大な時間がかかります。

学習時間+開発時間で約1年以上かかると考えた方がいいでしょう。

できるだけ早くアプリを作りたいという方には不向きな方法です。

 

2.アプリ開発会社に外注する場合:約150万円~

2つ目は、アプリ開発会社に外注する方法です。

開発費用 150万円以上
開発時間(外注先) 2ヵ月~
学習時間 なし

外注する場合、外注先に開発を丸投げすることができますので、開発時間と学習時間は不要です。

また、開発実績が豊富な会社に外注することで、個人で開発するよりもクオリティの高い物を作成できるメリットがあります。

しかし、開発費用が約150万円以上かかってしまうため、費用を抑えたい方には不向きです。

 

3.ノーコードで開発する場合

ノーコードで開発する場合の費用は以下の通りです。

開発費用/個人 無料~
開発費用/外注 10万円~
開発時間 最短1日~
学習時間 約2ヵ月

ノーコードで開発する場合、個人開発・外注のどちらでも費用と工数を抑えることができます。

また、個人で開発する際もプログラミングと比較して短い学習期間で開発が可能でしょう。

 

チャットアプリは個人開発と外注どっちがおすすめ?

結論、チャットアプリの開発は外注がおすすめです。

プログラミングやノーコードの学習をすることで、個人でも充分アプリの開発が可能ですが、サービスとしてリリースする場合は注意が必要です。

なぜなら、サービスとしてリリースする程のクオリティのアプリを作成するためには、開発手法を問わずかなりの学習コストが必要になるからです。

そのため、基本的にアプリを開発する際は、実績のある開発会社に外注することが安心でしょう。

 

チャットアプリの開発にお悩みの方はツクル事業部まで

ツクル事業部

NoCode DBを運営するツクル事業部は、100件以上の開発実績を誇るノーコード開発会社です。

チャットアプリの開発にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

\チャットアプリにも対応しました!/

 

チャットアプリの作り方|まとめ

チャットアプリの作り方について解説しましたが、参考になったでしょうか?

チャットアプリを開発する方法として以下の3つの方法を解説しました。

  1. プログラミングを用いて自身で開発
  2. アプリ開発会社に外注
  3. ノーコードで開発

どの開発方法が一番良いというわけではありませんが、基本的にアプリの開発は外注をおすすめします。

多少コストはかかりますが、個人で開発するよりも高クオリティなアプリを作成できるでしょう。

またツクル事業部はノーコードでの開発サービスを提供しています。

チャットアプリの開発を検討している方は、お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。