日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)について。料金・使い方を解説。

この記事では、ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)について詳しく解説しています。

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)の料金・使い方・デメリットなどその他にも詳しく解説していますので、ノーコードツールSTUDIOについて知りたい方は、記事をご参考にしてください。

NoCodeDBを運営する株式会社For A-careerはノーコード/ローコード技術を主軸とした開発サービス『NoCode Dash』を運営しております。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)について

ノーコードツールSTUDIOとは、Webサイトの作成に最適なノーコードツールです。

一般的にWebサイトの作成には、コーディングの知識が必要ですが、STUDIOを含めたノーコードツールは、コーディングが必要なく、ドラッグ&ドロップの操作で比較的簡単にWebサイトの作成ができます。

STUDIO以外にもWebサイトの作成ができるノーコードツールがありますが、日本向けに作られていない場合が多く、日本語に全く対応していないなどのデメリットがあります。

その点STUDIOは、日本企業によって作成されたノーコードツールため、日本語に対応しており、他のノーコードツールよりも簡単に扱うことができます。

普段英語に慣れていない方などにおすすめのノーコードツールです。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)に関するよくある質問

  • ノーコードツールSTUDIOの料金は?
  • ノーコードツールSTUDIOの使い方は?
  • ノーコードツールSTUDIOのデメリット・できないことは?
  • ノーコードツールSTUDIOで作ったサイトは?
  • ノーコードツールSTUDIOはホームページ作成ができる?
  • ノーコードツールSTUDIOのアニメーションについて
  • ノーコードツールSTUDIOのログイン方法は?

それぞれ解説します。

 

 ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)の料金は?

ノーコードツールSTUDIOの料金は、以下の通りです。

プラン FREE BASIC PRO
料金 0円 1,280円/月

*年払いの場合は980円/月

3,280円/月

*年払いの場合は

2,480円/月

主な機能

・デザインツールの全機能

・アニメーション

・STUDIOバナー付公開

・サブドメイン公開機能

・CMS(最大5記事)

・Form(最大100件)

・Freeプランの全機能

・STUDIOのバナー非表示

・ページごとの公開範囲設定

・独自ドメインの接続

・外部Apps連携

・CMS(最大5記事)

・Form(最大1,000件)

・Basicプランの全機能

・優先サポート

・CMS(最大1,000件)

・Form(最大10,000件)

STUDIOの料金プランは3つに分けられ、

Free➜BASIC➜PROと上位のプランになります。

上位のプランになるほど使用できる機能が増える・公開できる記事数が増えるなどのメリットがあり、自身のサイトの規模に最適な料金プランを選択してください。

無料のFREEプランからホームページの作成ができますので、まずはFREEプランでSTUDIOを使用してみることをおすすめします。

<料金プランの選択目安>

▶FREEプラン➜0円

とにかく予算をかけないでサイトを作成したい方に最適。

FREEプランは、作成したサイトにSTUDIOのバナーが表示される・独自ドメインの使用ができないなどのデメリットがあり、企業サイトやビジネスで使用する場合には不向きです。

▶BASICプラン➜980円/月

LPや更新性のないシングルページの作成に最適。

BASICプランから独自ドメインの使用・STUDIOのバナーの非表示が可能になりますので、企業サイトやビジネスで使用するサイトにも最適です。

しかし、CMS機能で登録できる記事数が5記事までと少ないため、ページの更新数が多い場合やオウンドメディアの運営には不向きです。

▶PROプラン➜2,480円/月

オウンドメディアなどページ数が多いサイトの運営に最適。

PROプランからCMSで登録できる記事数が1,000件と下位プランと比較して圧倒的に多くなります。

月額3,280円(年払いの場合は2,480円)とコストはかかってしまいますが、長期的にサイトを大きく育てたい方は、PROプランが最適です。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)の使い方・ホームページ作成方法は?

ノーコードツールSTUDIOの使い方に関しましては、こちらの記事をご参考にしてください。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)のデメリット・できないことは?

ノーコードツールSTUDIOのデメリット・できないことは以下の点です。

▶コード編集ができない

Webflowなどのノーコードツールは、コードを編集してより細かなカスタマイズが可能ですが、STUDIOにはできません。

作成したWebサイトをカスタマイズしたい方は、「Webflow」やWordPress」がおすすめです。

▶無料だとできないことが多い

STUDIOは基本的な機能を無料で使用できますが、サイトの運営に重要な独自ドメインなどの使用は、有料プランにする必要があります。

無料プランですと作成したサイトにSTUDIOのバナーが表示されたりと他のデメリットもあるため、企業サイトやビジネスで使用するサイトを作成する場合はBASICプラン以上の有料プランがおすすめです。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)で作ったサイトは?

ノーコードツールSTUDIOで作られたサイトをご紹介します。

日本酒と肴 ふるさと

 

776 CHEESECAKE

 

barber’s neo glico

他の制作事例をみたい方はこちらをご活用ください。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)はアニメーションの実装ができる?

ノーコードツールSTUDIOでは、アニメーションの実装ができます。

かっこいいサイトを作成したい方にアニーメーションの実装はおすすめです。

アニメーションの実装方法は以下の通りです。

1.サイトの編集ページを開き編集するテキストを選択。

2.画面上部の「モーション」を選択。

4.赤枠部分からアニメーションの編集して完了。

「>>>」から実装したアニメーションの確認ができます。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)のログイン方法は?

STUDIOへのログインは、以下のURLから行ってください。

https://studio.design/ja

 

【NoCode Dash】ノーコードでの開発はお任せください!

NoCodeDBを運営する株式会社For A-careerはノーコード/ローコード技術を主軸とした開発サービス『NoCode Dash』を運営しております。

無料相談から承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)|まとめ

ノーコードツールSTUDIO(スタジオ)について解説しましたが、ご参考になったでしょうか?

STUDIOはWebサイトを作成できるノーコードツールの中でも特に使いやすく作られており、普段英語に不慣れな方におすすめのノーコードツールです。

コーディングの知識がありサイトのカスタマイズをしたい方には、少し物足りないと感じるかもしれませんが、デザイン性の高いテンプレートが豊富にあるため、強いこだわりがない方には充分満足できるサイトが作成できるはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。