サスケWorks(ワークス)とは?評判は?Kintoneとの比較・料金について解説!

こちらの記事では、サスケWorks(ワークス)について解説しています。

サスケWorks(ワークス)の評判・Kintoneとの比較・料金・APIについて知りたい方は、参考にしてください。

 

サスケWorks(ワークス)とは?

画像出典:サスケWorks

サスケWorksとは、Webアプリを作成できるノーコードツールです。

Webアプリの中でも業務の仕組化・効率化などの用途に適しており、オリジナルでアプリを作成することで業種を問わずに業務改善を行うことができます。

また、「Works App Store」から様々な業種に対応した無料公式アプリをはじめ、サードパーティー制のアプリをダウンロードして利用することもできます。

日本産のノーコードツールということもあり日本語に対応していますし、他の業務改善ツールと比較しても比較的安価に利用できるため、初めて業務改善ツールを導入する方におすすめのツールです。

無料のFreeプランから利用できますので、興味のある方は一度利用してみることをおすすめします。

 

 

 

サスケWorksの評判は?導入事例を元に解説!

サスケWorksの評判はどうなのでしょうか?

実際にサスケWorksを導入している企業を元に解説します。

 

株式会社レバンガ北海道様

画像出典:レバンガ北海道

    • サスケWorks導入前

ファンクラブやバスケットボールアカデミーへの申込書は手書きのものも多く、確認・データ化に多くの時間を費やしていた。

    • サスケWorks導入後

AI-OCRで申込用紙を読み取ることで、確認・データ化の作業時間が大幅に短縮された。

    • コメント

サスケWorksのAI-OCR機能は、スキャンを使わなくてもアプリにデータを取り込むことができ、それが非常に便利だと感じています。

スマホのカメラで手書きの申込用紙を撮影し、サスケWorksのアプリへ送信。その後はAI-OCRの技術でデータ化。文字の認識が間違っていないかの確認は必要ですが、それでも今までの手作業での登録と比べるとかかる時間はぐっと軽減されました。

操作もカンタンでコーチ達が無理なく利用することができる点もポイントとなっています。

引用:導入事例:株式会社レバンガ北海道様

 

株式会社CRYSTAL様

画像出典:CRYSTAL

    • サスケWorks導入前

お客様のカルテは全て「紙」で管理。

棚にしまったカルテを探し、取り出すのに一苦労。所定の場所になく、見つからないときは、作り直しの手間も発生。

    • サスケWorks導入後

お客様のカルテは全て「紙」で管理。

棚にしまったカルテを探し、取り出すのに一苦労。所定の場所になく、見つからないときは、作り直しの手間も発生。

    • コメント

手打ちすることなく、写真で撮って→AI-OCRの技術でデータ化できるとことが良いなと思いました。5社ほど話を聞きましたが、写真でのデータ化ができるのはサスケWorksだけ。しかもカンタンで、安い。もう、他を選ぶ余地はありませんでしたね。

引用:導入事例:株式会社CRYSTAL様

 

導入した企業を参考にしてみると、サスケWorksを利用して今までの業務を効率化できているみたいですね。

また、料金も他サービスと比較しても安く設定されているようです。

 

サスケWorksの料金プランは4つ!

画像出典:料金・プラン

サスケWorksの料金につきましては、以下の表を参考にしてください。

プラン Free Basic Standard Premium
料金/月額 0円 500円 5,000円 15,000円
プランの詳細 https://works.saaske.com/ https://works.saaske.com/ https://works.saaske.com/ https://works.saaske.com/

引用:料金・プラン

プラン Free Basic Standard Premium
管理者ID 1 ID 1 ID
ユーザーID 1 ID 3 ID 10 ID 10 ID
レコード数 1,000 5,000 50,000 100,000
独自アプリの作成

テンプレート利用のみ

テンプレート利用のみ

アプリ登録数 2個 10個 100個 200個
有料アプリの購入
ディスク容量 1GB 3GB 15GB 15GB
承認機能
帳票出力
Webフォーム作成
一括メール配信
AI OCR
API COMING SOONI
アプリ販売

プラン Free Basic Standard Premium
レコード数の増設 1万件/1,000円(月額)
アプリ登録数の増設 20個/1,000円(月額)
ディスク容量増設 10GB/1,000円(月額)
Webフォーム受信 月30受信まで無料(以降1受信10円)
一括メール配信 月100送信まで無料(以降1送信1円)
AI-OCRテンプレート登録 1テンプレート10,000円~
AI-OCR処理

(テキスト化)

1項目2円(読み取りが成功した項目)

    • 読み取り結果が空だった場合は1項目1円
    • チェックボックス1項目1円
    • 画像の読み取り項目は一律2円

サスケWorksには、完全無料で利用できるFreeプランがあります。

2アプリ1,000レコードまで無料という制限はあるものの、サスケWorksの使用感を試すには充分な機能が備わっています。

また、Basicプラン以上の全ての有料プランに関しましても30日間の無料トライアルがあります。

サスケWorksの仕組み上、途中でプランダウンすることができませんので、無料トライアルを活用して、自社に最適な料金プランを選択してください。

有料プランの大きな違いとしては、一からオリジナルのアプリを作成できる点が上げられます。

Standardプランからオリジナルのアプリを作成することができ、Premiumプランを契約することで、作成したアプリをワークスアプリストアで販売することもできます。

また、まだリリースされていませんが、サスケWorksでは近日APIのリリースを予定しています。

プレミアムプラン以上で利用することができ、APIを利用することで様々な製品やサービスを連携することができます。

 

Kintone(キントーン)について

サスケWorks以外の業務改善ツールとして、Kintone(キントーン)が挙げられます。

Kintoneは、サイボウズ株式会社が提供している、Webデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスです。

業務改善ツールとして圧倒的な知名度を誇り、「資生堂」「Softbank]「アサヒ飲料」といった有名企業でも導入されています。

しかし、無料トライアルはあるものの、無料プランはありませんので、完全無料で利用したいという方は、サスケWorksがおすすめです。

 

サスケWorks|まとめ

画像出典:サスケWorks

サスケWorks について解説しましたが、参考になったでしょうか?

業務の効率化にお悩みの方は、一度サスケWorks を利用してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。