日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

BASEの手数料の計算方法は?決済手数料は高い?詳しく解説!

BASEでネットショップの運営を考えているけど、

「手数料についてわからない、高いの?」と疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご参考にしてください。

BASEの手数料別の計算方法・STORESとの比較・その他の手数料に関する情報を解説しています。

記事を読むことでBASEの手数料についての理解が深まり、自身に最適なネットショップサービスを選択できるはずです。

BASEについて無料相談する>>

BASEの手数料の計算方法

BASEはネットショップの開設費用・月額料金が無料と設定されているため、料金が一切かからないと思われがちですが、商品を販売したときや販売して得た売上金を振り込むときに手数料がかかります。

BASEの手数料は以下の通りです。

手数料の種類 発生するタイミング 金額
決済手数料 出品した商品が売れたとき 合計金額+40円
サービス利用料 出品した商品が売れたとき 合計金額の3%
振込手数料 売上金を指定の口座に振り込むとき 250円
事務手数料 売上金を指定の口座に振り込むとき 2万円未満:500円

2万円以上:0円

手数料は大きく4つに分けられ発生するタイミングは、「商品が売れたとき」「売上金を振り込むとき」です。

BASEは、ネットショップの開設費用・月額利用料が無料なため、商品が売れたときに初めて料金が発生します。

手数料別の計算は以下の章で解説します。

 

BASEの決済手数料・サービス利用料|計算方法

 

決済手数料 一律3.6%+40円
対応決済 コンビニ決済

銀行振り込み

クレジットカード

後払い決済

キャリア決済

PayPal決済

発生タイミング 商品が売れたとき

BASEの「決済手数料」「サービス利用料」は、商品が売れたときに自動的に売上から引かれる仕組みになっています。

決済のタイミングで手数料が発生するため、商品が1つずつ売れても、1回の会計で2つ売れても支払う手数料に変化はありません。

決済手数料は、1回の注文毎に3.6%+ 40円がかかります。

注文の合計金額(商品の代金+送料)にかかる点に注意してください。

そして商品が売れたとき決済手数料とは別にサービス利用料がかかります。(サービス利用料も送料を含めた合計金額にかかります。)

サービス利用料は3%ですので、商品が売れたときに発生する手数料の合計は、以下の通りになります。

➜ 決済手数料(3.6%+40円)+サービス利用料(3%)

またBASEでは、「BASEかんたん決済」という決済サービスを提供しています。

本来ネットショップで決済を導入するためには、複雑な手続き・審査などの多くの手間と時間が必要でした。

利用に手数料がかかってしまいますが、BASEに申請するだけで多くの決済方法を簡単に導入できるおすすめなサービスです。

 

BASEの振込手数料・事務手数料|計算方法

 

BASEの「振込手数料」「事務手数料」は、売上金を指定の口座に振り込むときに発生します。

BASEの仕組みとして売上金は自身の口座に直接振り込まれず、BASEを介して振り込まれます。そのため売上金を指定の口座に移動させたい場合は、BASEに振込申請が必要になりますのでご注意ください。

振込手数料は、一回の振込申請につき一律250円がかかります。

(銀行の種類、申請金額による変動はありません。)

そして売上金を指定の口座に振り込むときに別途手数料として事務手数料がかかる場合があります。

事務手数料は、振込申請金額が2万円未満の場合に500円発生します。

振込申請の金額が2万円以上の場合は、事務手数料はかかりませんので、振込申請をする場合はできるだけ2万円以上になるようにしましょう。

・振込申請金額が2万円以上の場合  事務手数料500円が免除!

*売上が計上された日付から180日で失効しますのでご注意ください。

売上金を指定の口座に振り込むときに発生する手数料の合計は、以下の通りになります。

・振込申請金額が2万円以上の場合

➜ 振込手数料(250円)のみ

・振込申請金額が2万円未満の場合

➜ 振込手数料(250円)+事務手数料(500円)=750円

振込手数料の捕捉になりますが、BASEでは一部ショップオーナーに

「お急ぎ振込」というサービスを提供しています。

お急ぎ振込を利用することで通常より早く振込みをしてもらうことができます。

ネットショップ開設直後など手持ちの資金に余裕のない場合に利用をおすすめします。

*通常の振込手数料に加え申請金額の1.5%が別途手数料としてかかりますのでご注意ください。

 

BASEの決済手数料は高い?

BASEの手数料は高いと言われることが多いですが、実際に高いのでしょうか?

競合サービスであるSTORESとの比較を例に解説します。

BASEとSTORESの手数料・料金の比較は以下の表の通りです。

アプリ名 BASE STORES
初期費用 無料 無料
料金 無料 無料・月1,980円
決済手数料 3.6%+40円 無料:5%

有料:3.6%

サービス利用料 3%
振込手数料 ・2万円未満:750円

・2万円以上:250円

1万円未満:550円

1万円以上:275円

URL BASE>> STORES>>

手数料を比較するとBASEの方が高いことがわかります。

<商品が売れたときにかかる手数料>

・BASE

3.6%+40円+3%

・STORES

無料 ➜ 5%

有料 ➜ 3.6%

<売り上を指定の口座に振り込むときにかかる手数料>

・BASE

振込金額が2万円以上 ➜ 250円

振込金額が2万円未満 ➜ 750円

・STORES

振込金額が1万円以上 ➜ 275円

振込金額が1万円未満 ➜ 550円

 

BASEの手数料が高い理由

 

BASEの手数料は、STORESと比較して高いことがわかりましたが、なぜBASEの手数料は高いのでしょうか?

理由は「機能が充実している」「とにかく簡単に使える」の2点です。

・機能が充実している

BASEはネットショップを運営するための機能が充実しています。

STORESも無料のプランがありますが、無料プランでは使用できない機能が多いです。

その反面BASEは完全無料で機能が使えるので、手数料面が高くなっています。

・とにかく簡単に使える

BASEの企業理念には、「お母さんも使える」というものが掲げられています。余計な機能はつけない事を意識して作られており、実際に使用して頂ければわかりますが、本当に簡単に使えます。

またBASEは、ネットショップの開設費用・月額の固定費が無料という点で手持ちの資金が少ない方でも初めやすい点もポイントです。

 

【結論】BASEとSTORESはどっちが売れる?

BASEとSTORESはどちらが売れるのでしょうか?

結論どちらも大きな差はありません。

理由は、ネットショップの売り上は集客次第だからです。

実店舗などの場合は、店舗を運営していたら自動的に顧客が商品を購入していく可能性がありますが、ネットショップの場合は集客をしなければ商品は売れないです。

そのためネットショップサービスを選択するポイントは、

「集客・運営のしやすさ」「ネットショップの規模」の2点です。

BASEとSTORESを比較した場合、集客・運営のしやすさはBASEの方が簡単です。

BASEはネットショップ運営に必要な機能が充実しており、初心者の方でも集客がしやすいです。

その反面STORESで多くの機能を使用する場合は、有料のスタンダードプランに変更する必要があります。

しかし月額の固定費がかかってしまい結果的に料金面でBASEより劣ってしまいます。

では、ネットショップはBASEで開設するべきなのでしょうか?

そこで重要なポイントが、ネットショップの規模です。

「BASEは月商10万円以下」「STORESは月商15万円以上」

こちらの金額がおおよその目安になります。

月商が10万円以下の場合で「趣味の延長で商品を販売したい方」「個人事業主」「小規模事業者」などの場合はBASE。

月商が15万円以上の場合は、STORESのスタンダードプラン。

「とにかく費用を抑えてネットショップを運営したい場合」は、STORESのフリープラン。

ネットショップサービスの選択は以上のポイントをご参考にしてください。

 

BASEの手数料に関するよくある質問

BASEの手数料に関するよくある質問について解説します。

・BASEでの手数料には消費税も含まれる?

・確定申告のために売りあげや手数料の確認はできる?

・BASEの手数料以外にかかる費用は?

順番に解説します。

 

BASEの手数料には消費税も含まれる?

 

BASEかんたん決済とサービス利用料の手数料には、商品の消費税も含まれています。

 

BASEは確定申告のために売り上や手数料の確認はできる?

 

注文データダウンロードAppをインストールすることで、売上に関するデータをCSVでダウンロードできます。

またサービス利用料やBASEかんたん決済についても確認ができますので経理処理や売上残高の管理、利益分析などにご利用できます。

*BASEでは確定申告について個別のご案内はしておりませんので、専門機関や専門家へご相談ください。

 

BASEの手数料以外にかかる費用は?

 

任意での購入になりますが、以下の3つを購入することで手数料以外に費用がかかります。

・独自ドメイン ➜ 1000円~3000円

BASEで構築したサイトのデフォルトのドメインは、「○○thebase.in」ですが、独自ドメインを購入することで、「○○.com」などのドメインに変更することができます。

独自ドメインは、サイトを検索画面の上位に表示させるためのSEOに有利になるなどの効果があります。

・有料のデザインテンプレート

BASEはテンプレートを使用してネットショップを構築できます。

それぞれのテンプレートで備わっている機能が異なり、自身のショップに必要な機能を備えたテンプレートを選択する必要があります。

有料のテンプレートは無料のテンプレートと比較してデザイン性・機能性が高いので、よりサイトのデザイン性と機能性を高めたい場合におすすめです。

BASEのデザインテンプレートはこちら>>

・有料App ➜ 500円~980円

BASEには有料アプリがあり、それらを購入することでサイトの機能を拡張することができます。

有料APPはBASEロゴ非表示不正決済保障の2つがあります。

その他の拡張機能に関しては無料でご利用できます。

 

【Nocode Dash】BASEでのネットショップ作成から運営までをサポート

先ほども解説しましたが、ネットショップで売り上を伸ばすためには集客が重要です。

またBASEでは、HTML・CSSでサイトのデザインをカスタマイズすることができます。

サイトのデザインをカスタマイズすることで、独自性の高いショップに仕上げることができます。

【NoCode Dash】は、サイトのカスタマイズ・集客を徹底的にサポートしていますのでお気軽にご相談ください

Nocode Dashに無料相談する>>

 

BASEの手数料|まとめ

BASEの手数料について解説しましたが、ご参考になったでしょうか?

手数料の種類 発生するタイミング 金額
決済手数料 出品した商品が売れたとき 合計金額+40円
サービス利用料 出品した商品が売れたとき 合計金額の3%
振込手数料 売上金を指定の口座に振り込むとき 250円
事務手数料 売上金を指定の口座に振り込むとき 2万円未満:500円

2万円以上:0円

BASEの手数料は大きく4つに分けられ、手数料が発生するタイミングは

「商品が売れたとき」「売上金を振り込むとき」です。

商品が売れたときに発生する手数料の合計は以下の通りです。

 決済手数料(3.6%+40円)+サービス利用料(3%)

売上を振り込む時に発生する手数料の合計は以下の通りです。

・振込申請金額が2万円以上の場合

➜ 振込手数料(250円)のみ

・振込申請金額が2万円未満の場合

➜ 振込手数料(250円)+事務手数料(500円)=750円

振込申請金額が2万円以上の場合は、事務手数料(500円)が免除されますが、売上が計上された日付から180日で失効しますのでご注意ください。

BASEは、ネットショップ運営の経験が少ない初心者の方や趣味の延長で商品を販売したい方に最適なサービスです。

ネットショップ運営に必要な機能は全て備わっており、誰でも簡単に運営ができます。

BASEに興味のある方は、ぜひ1度使ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。