ノーコード/ローコードとは?開発方法の違いやデメリット・ツールを解説!

ノーコード/ローコードとは、プログラミングを全く用いない。もしくは一部用いて開発を行う技術のことです。

こちらの記事では、ノーコード/ローコードの開発方法の違い・メリット・デメリット・目的別のおすすめツールを解説しています。

ノーコード/ローコードに興味がある方は、参考にしてください。

 

ノーコード/ローコードとは?

初めにノーコード/ローコードとは、なにかについて解説します。

 

ノーコードとは?

ノーコードとは、プログラミングが不要でアプリやWebサイトの開発ができるノンプログラミング技術のことです。

アプリやWebサイトの開発には、プログラミングの知識が必要ですが、ノーコードを利用することで開発の際にプログラミングは不要です。

エンジニアが不要で開発できる点や開発にかかる工数や費用を大きく削減できることから注目を集めています。

 

ローコードとは?

ローコードとは、一部プログラミングを利用して開発する技術です。

必要な箇所だけプログラミングを用いることでノーコードより複雑な開発に対応でき、ノーコードでは開発の難しい基幹システムなども開発できます。

プログラミングが必要な点から、初心者にはハードルが高いですが、プログラミングの知識がある方はローコードを利用することで複雑な開発でも工数を大きく抑えることができます。

 

ノーコードのメリット・デメリット

ノーコードのメリット・デメリットについて解説します。

 

ノーコードのメリット

ノーコードのメリットは、以下の通りです。

  • 開発にかかる費用を削減できる
  • 開発をスピーディーに行える
  • プログラミング不要で開発できる

それぞれ解説します。

 

開発にかかる費用を削減できる

ノーコードを活用すれば、開発にかかる費用を抑えることができます。基本的に、ソフトウェアを開発するためにはエンジニアの人件費をはじめとした各種費用が必要です。開発を外注する場合も同様で、アプリを開発するためには多額の費用を準備する必要があります。

ノーコードは非エンジニアでも簡単にソフトウェア開発が行えるため、エンジニアに開発を依頼する必要がありません。また、開発環境となるツールもサブスクリプションで手ごろなものが多いため、開発コストを大幅に削減することが可能です。

 

開発をスピーディーに行える

ノーコードはコードを記述する必要がなく、パーツやテンプレートを配置していくだけで開発できます。基本的に、ソフトウェア開発はコードの記述に時間がかかるので、ノーコードを活用すれば開発スピードの削減が可能です。

また、コードの記述ミスによるバグも発生しないため、デバッグの手間も減らせます。スピーディーな開発をしたい場合におすすめの開発方法です。

 

プログラミング不要で開発できる

ノーコードは、開発にプログラミングが必要なく、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で開発できます。

また、ツールごとに実装されているテンプレートやパーツを配置してソフトウェアを作ることができ、実際のデザインをイメージしながら開発することが可能です。

プログラミングでは、実際にコードを書いて内容をプレビューしないとソフトウェアのデザインを確認できなかったので、記述したコードからデザインを想像するスキルも必要でした。

ノーコードツールでは上記のようなスキルも必要ないため、非エンジニアの開発への参入ハードルをより低くしてくれています。

 

ノーコードのデメリット

ノーコードのデメリットは、以下の通りです。

  • 複雑な開発には適していない
  • 開発の自由度が低い
  • 日本語の情報が少ない

順番に解説します。

 

複雑な開発には適していない

ノーコードは業務基幹システムなどの機能が複雑になるシステムの開発には適していません。

複雑な開発を行う場合は、ローコードや一からプログラミングを用いた開発方法が適しています。

 

開発の自由度が低い

ノーコードはツールごとに用意されたテンプレートやパーツを用いて開発します。

プログラミングによって細かな調整が難しく、開発の柔軟性がツールに依存してしまう点に注意が必要です。

ノーコードを利用して開発する場合は、事前にツールが対応している機能を確認する必要があります。

 

日本語の情報が少ない

現状、ノーコードツールの大半が日本語に対応していません。

直感的な操作で開発ができますが、英語に不慣れな方は使いづらいと感じることもあるようです。

日本産のノーコードツールも増えており、日本法人を設立する企業も増えていますので、今後改善されると考えられます。

 

ローコードのメリット・デメリット

ローコードのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

 

ローコードのメリット

ローコードのメリットは、以下の通りです。

  • 開発時間を短縮できる
  • 拡張性が高い
  • 既存システムとの連携が可能

それぞれ解説します。

 

開発時間を短縮できる

ローコードは、開発の際にほとんどコードを記述しないため、開発時間を大きく短縮できます。

また、コードを記述する際に起きる記述ミスの発生を防げる点もメリットです。

 

拡張性が高い

ローコードはノーコードと違い少ないコードの記述で開発をします。

コードの記述が可能なため、自由に機能を実装することができ、高い拡張性を誇ります。

 

既存システムとの連携が可能

ローコードには他のソフトウェアや外部システムとの連携機能が最初から備わっています。

そのため、社内で利用している既存のシステムを連携するシステムを構築することも可能です。

 

 

ローコードのデメリット

ローコードのデメリットは以下の通りです。

  • プログラミングの知識が必要になる
  • 従来の開発と比較するとできないことがある
  • システム設計や工数計算に関する知識が必要となる

それぞれ解説します。

 

プログラミングの知識が必要になる

ローコードは、開発の際にプログラミングを記述するため、ノーコードと違いプログラミングの知識が必要になります。

全くプログラミングの知識がない方は、ノーコードをおすすめします。

 

従来の開発と比較すると、できないことがある

ローコードは、ノーコードと比較して柔軟な開発が可能ですが、従来の開発と比較するとできることが制限されます。

プラットフォームに依存しますので、プラットフォーム側が対応していない操作は行えません。

 

システムの設計や工数計算に関する知識が必要となる

プログラミングをほとんど記述しないで開発ができるローコードですが、システム設計に関する知識が必須になります。

開発を行う際にどんなシステムが必要なのか、開発にどの程度の工数がかかるかなどを考える必要があります。

 

ノーコード/ローコードの違い

ノーコードとローコードの違いは、以下の表を参考にしてください。

開発方法 ノーコード ローコード 従来
コーディング 不要 一部必要 必要
開発速度 とても早い 早い 遅い
自由度 低い 高い とても高い
開発規模 小規模 中規模 大規模

ノーコードとローコードの一番の違いは、コーディングの有無です。

ノーコードは、コーディングの必要が一切ありませんが、ローコードは一部必要です。

開発内容や規模によって最適な開発方法が異なりますのでご注意ください。

 

ノーコード/ローコードの将来性は高い

結論、ノーコード/ローコードの将来性は高いと言えます。

Research and Markets社の市場予測によると、2020年から2030年の間に31.3%の年平均成長率を記録し、2030年には1907億円に達すると予測されている点からも今後の将来性が高いことが分かります。

引用:Research and Markets

また、近年世界中でエンジニア不足について問題視されています。

ノーコード/ローコードは、エンジニア不足を解消するための技術として注目されていますので、ノーコード/ローコードを扱えるスキルを身に付けることで将来的に市場価値の高い人材を目指すことも可能と考えられます。

大半のノーコード/ローコードツールは無料から利用できますので、興味のある方は実際に利用してみることをおすすめします。

 

おすすめノーコード/ローコード開発ツール

こちらの章では、目的別のノーコード/ローコードツールを紹介します。

いずれも無料プランおよび無料トライアルを活用することで、無料で利用することができますので、興味のある方は実際に利用してみてください。

 

おすすめノーコード開発ツール

おすすめのノーコードツールとして以下のツールが挙げられます。

  • Bubble(バブル)
  • STUDIO(スタジオ)
  • Zapier(ザピアー)

ぞれぞれ解説します。

 

Bubble(バブル)|アプリ開発系

Bubble(バブル)は、アプリの開発に特化したノーコードツールです。

Bubbleの特徴として、カスタマイズ性が高い点が挙げられます。

一般的にノーコードツールは、カスタマイズ性が低いというデメリットがありますが、Bubbleはノーコードツールの中でもトップクラスにできることが多く、柔軟な開発が可能です。

日本語に対応しておらず初心者の方が扱うには少し難しいですが、日本語の情報も増えており学習しやすい点もポイントです。

Billmo

URL:https://billmo.jp/

 

Koremo

URL:https://koremo.bubbleapps.io/

 

プラリノ

URL:https://bridal-renovation.com/

Bubbleについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

STUDIO(スタジオ)|Webサイト作成系

画像出典:PR TIMES

STUDIOとは、Webサイトの作成に最適なノーコードツールです。

STUDIOの特徴は、簡単にデザイン性の高いWebサイトを作成できる点です。

日本語に対応しているため、初めて利用する方でも簡単に扱えます。

日本酒と肴ふるさと

URL:https://sakeate-furusato.com/

 

776 CHEESECAKE

URL:https://776cheesecake.com/

 

barber’s neo glico

URL:https://barbers-neo-glico.com/top

STUDIOについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

Zapier(ザピアー)|データ連携

Zapierは複数のアプリケーションを使った作業を簡単に自動化できるノーコードツールです。

主要なウェブサービスから、SNS、CMSまで、約2,000種類ものツールやサービスの連携が可能です。

別々に使っていた各アプリを自分好みのワークフローに設定することで、自動的に作業を進められます。工数の削減や誤作動の予防、時間短縮にも役立つおすすめのノーコードツールです。

 

また、その他のノーコードツールについて知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

おすすめローコード開発ツール

次に目的別のおすすめローコードツールを紹介します。

  • Kintone (キントーン)
  • Microsoft Power Platform(マイクロソフトプラットフォーム)
  • Salesforce (セールスフォース)

それぞれ解説します。

 

Kintone(キントーン)|業務効率化

画像出典:Kintone

Kintoneとは、Webデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスです。

ノーコード・ローコードに分類され、マウス操作で直感的にシステムを開発できます。

「NASA」「資生堂」「Softbank」「アサヒ飲料」「日本航空」「TOTO」「リコー」といった有名企業でも採用されており、

スタートアップから大企業まで業種を問わずおすすめのサービスです。

 

Microsoft Power Platform(マイクロソフトパワープラットフォーム)|業務効率化

画像出典:Microsoft

Microsoft Power Platform(マイクロソフトプラットフォーム)とは、「Power Apps」「Power Automate」「Power BI」「Power Virtual Agents」の4つのサービスで構成されたローコード/ノーコードプラットフォームです。

アプリの開発からデータの分析まで1つで対応できる点が特徴です。

 

Salesforce(セールスフォース)|業務効率化

Salesforceは、クラウドベースのCRM・SFAサービスです。

世界第1位、日本第1位のシェアを誇っており、10万社以上の企業に導入されています。

「Sales Cloud」「Service Cloud」「Chatter」「Force.com」の4つの製品で構成されており、顧客管理や営業支援をサポートしてくれます。

 

ノーコード/ローコード|まとめ

ノーコード/ローコードについて解説しましたが、参考になったでしょうか?

ノーコード/ローコードを活用することでプログラミングを用いた開発方法より工数・費用を抑えることができます。

開発方法別の違いは、以下の表の通りです。

開発方法 ノーコード ローコード 従来
コーディング 不要 一部必要 必要
開発速度 とても早い 早い 遅い
自由度 低い 高い とても高い
開発規模 小規模 中規模 大規模

大半のノーコード/ローコード開発ツールは無料から利用できますので、興味のある方は実際に利用してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。