日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【2022年2週】ノーコード海外ニュース

2022年2週ノーコード海外ニュース。

 

2022年、無料のノーコードMLプラットフォームトップ

ガートナーのマジック・クアドラントの分析によると、2024年までにアプリケーション開発の65%がノーコード/ローコードプラットフォームで行われるようになるという。

▶BigML

BigMLは、機械学習とアプリケーション統合サービスを企業に提供するオープンソースのプラットフォームだ。このMLプラットフォームは、データライブラリの仕分けや、業界横断的なデータ駆動型意思決定を支援するために2011年に設立された。BigMLでは、コーディング不要で機械学習や深層学習のモデルを構築することができる。データセットのアップロード、記述的予測モデルの開発、機械学習モデルの評価を行うための、他に類を見ないウェブインターフェースを備えている。

▶SkyCube

SkyCubeは、構造化されたデータに対して、一行のコードも書かずに実験ができるように設計された機械学習ツールだ。コーディングの知識は、機械学習分野への参入障壁となっている。SkyCubeのグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)は、データ探索から特徴抽出、モデルの学習・予測まで、機械学習のプロセスを視覚的に把握することができる。

▶Teachable Machine

Teachable Machineは、Googleが提供するノーコードMLプラットフォームだ。AutoML(より開発者に優しい)とは異なり、Teachable Machinesは、ユーザーが簡単に画像や音などを識別するモデルを訓練することができ、ブラウザで直接動作する。ユーザーは簡単なドラッグ&ドロップでモデルを学習でき、ウェブカメラを使って視覚や聴覚のデータセットを即座に構築することも可能だ。このプラットフォームは、データがデバイス上に残るように、ブラウザでTensorflow.jsパッケージを使用する。完成したモデルはTensorflow.jsまたはtflite形式でエクスポートでき、Webサイトやアプリに導入することができる。また、Onyxはフォーマットの切り替えが可能だ。

▶AutoML

Google CloudのAutoMLは、Vision(画像分類)、Natural Language、AutoML Translation、Video Intelligence、Tablesなどの機械学習ソリューションを提供し、機械学習の経験がほとんどない開発者が特定のユースケースに合わせてモデルをトレーニングしカスタマイズできるようにするものである。AutoMLは、広範囲に渡って検証されたディープラーニングモデルをすぐにサポートするため、伝達学習やニューラルネットワークの設計方法を知っている必要はない。

BigML:https://bigml.com/

Skycube:https://skycube.app/

Teachable Machine:https://teachablemachine.withgoogle.com/

AutoML:https://cloud.google.com/automl

引用記事:https://analyticsindiamag.com/

 

Youxin Cloud(中国)が優秀ローコード PaaS ミドルプラットフォーム賞を受賞

デジタル経済の進展に伴い、従来の消費財・小売業を営む企業は、ますます競争が激化している。

2022年1月7日~8日、中国小売産業分野CIO連合、中国消費財デジタル化研究所、中国ブランドマネジメント協会、浙江省CIO協会、広東省CIO連合、その他各省・市のCIO協会・連合が共同主催する「CGCA 2021中国消費産業CIO会議」が上海で開催された。

この会議は、消費財業界における最高レベルの、最も権威のある、最大のCIO会議だ。 これまで数回開催され、高品質で効率的なコミュニケーションとハイエンドな産業サミットを構築することを目的とされている。 このイベントには、茅台(酒造)、五粮液(酒造)、マクドナルド、伊利集団(乳製品)、スターバックス、P&G、ユニリーバ、康師傅(食品)、立白(洗剤)、藍月亮(日用品)など、全国の食品飲料、アルコール、家庭用品、などの業界の幹部、CIO、ITディレクター、情報技術リーダーらが参加し、デジタルベンチマーク例について意見を交換した。

この会議で、youxin cloudは、業界をリードする「ローコードPaaS能力」によって、「優秀ローコードPaaSミドルプラットフォーム賞」を受賞した。 この賞は、中国小売業CIO連盟が、業界のデジタル革新と変革を積極的に推進し、企業の品質向上と効率化に貢献した優れたベンダーを表彰することを目的としている。

中国経済は質の高い発展段階へと移行し、小売や消費財など伝統的な産業のデジタル化がさらに加速している。

CNNICと国家統計局によると、2020年までに中国のインターネットユーザー数は7億8000万人に達し、消費財のオンライン小売販売額は11兆8000億円に達し、中国の消費財小売販売額全体の30%を占める。

youxin cloud:https://www.youxin.cloud/

引用記事:https://baijiahao.baidu.com/

 

金現代会社(中国)の Hussar ローコード開発プラットフォームが工業情報化省から2つの賞を受賞

工業情報化省は2021年インダストリアルインターネットAPPの優秀ソリューションリストを発表し、金現代会社が発売したHussar(軽騎兵)ローコード開発プラットフォームが「インダストリアルインターネットベースのローコード開発APPソリューション」に選出された。

インダストリアルインターネットAPPの優れたソリューションは、主に重点産業または企業が産業技術ソフトウェアの全体的なソリューションを収集するために必要なもので、業界の特性を十分に発揮し、企業のR&D設計、製造、運用保守、運営管理の革新的な経験を達成し、業界と企業の品質と効率の向上、変革とアップグレードを支援し導く上で明白な役割を果たし、他の企業または業界にとって参照意義と推進価値があるという。

今回選出された「インダストリアルインターネットベースのローコード開発APPソリューション」は、金現代会社の独立した制御可能なローカライズ製品「Hussar ローコード開発プラットフォーム」をベースにしている。 このソリューションは、複雑なビジネスフォームやビジネスプロセスの開発を可視化されたローコード開発モードで迅速に実現することができ、使い勝手、高いセキュリティ、高い拡張性を特徴とし、インダストリアルインターネット分野の企業が抱える開発プラットフォームの不整合、高い人件費、長い開発サイクル、低効率などの問題を効果的に解決し、企業の品質向上と効率化、デジタル変革を技術的にサポートする。

金現代会社は、産業情報化部より2つの栄誉を授与されたことは、Hussarローコード開発プラットフォームが、インダストリアルインターネットアプリケーションの実装を促進し、中国の情報技術イノベーションをサポートした功績が高く評価されたものだとし、これを機に、製品づくりを強化し、自主革新の意識を高め、自主的で安全かつ制御可能な国内エコシステムの構築に貢献していくと発表している。

Hussar:http://hussar.jxdinfo.com/

金現代会社:http://www.jxdinfo.com/

引用記事:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1721622574404938995&wfr=spider&for=pc

 

ホワイトペーパー:Tedial、ハイブリッドクラウドを最大限に活用するためのメディア向けノーコード iPaaSの採用を検討

メディア業界は、放送局やコンテンツ所有者が品質の向上、ワークフローの簡素化と最大化、コスト削減、ROIの増加、そしてもちろん視聴者の拡大を実現するために、ノーコードソリューションを検討している。ハイブリッド・クラウドの導入は、クラウド・サービスとローカル・オペレーションを組み合わせた理想的なソリューションだが、これを効率的かつコスト効率よく行い、さらに重要なことに、システムの将来性を保証するためには、いくつかの課題がある。

メディア向けのノーコード iPaaS は、基本的に1つまたは複数のサイトを持つプラットフォームで、すべてのシステムが統合され、シンプルなワークフローがノーコードパイプラインで定義されている。マルチサイト、異なるストレージ技術、各サイトで統合する異なるシステムなど、ハイブリッドクラウドの課題について考えてみると、メディア向けのノーコード iPaaS で全てがカバーされる。メディアの抽象化が保証されているため、各サイトで最も効率的な方法からシームレスにアクセスでき、すべてのシステムがプラットフォームと統合され、同じメソッドを提示する。

さらに重要なことは、メディア向けのノーコード iPaaS は、新しいコンポーネントを簡単に追加して新しいサービスを作成したり、一部のコンポーネントを新しいバージョンや新しいシステム用に置き換えたりできるので、ソリューションの将来性を保証していることだ。

ホワイトペーパーの全文:https://www.sportsvideo.org/new/

Tedial:https://www.tedial.com/

引用記事:https://www.sportsvideo.org/2022/

 

Yahaha Studios、ノーコードゲーム制作のメタバースで5000万ドル(約57億円)の資金を調達

Yahaha Studiosは、5000万ドルの出資を調達したことを発表した。この資金をメタバースゲーム作成プラットフォームの構築に充て、2022年初頭にローンチする予定だ。

Yahahaは、ユーザー生成コンテンツに特化したメタバース・プラットフォームだ。元々はUnityのベテランチームによって作られたもので、アートアセットを含むゲーム開発用のモジュール式サービスを提供している。様々な経験レベルの開発者が、Yahaha Studioの編集ツール内でゲームを作成したり、マネタイズしたりすることができる。

また、ソーシャルコンポーネントも備えており、ユーザーは自分のゲームを複数のプラットフォームで共有することができる。

YahahaのCEOであるChris Zhu氏は声明の中で、「バーチャル・エンターテインメントを通じて世界中のユーザーをつなぐYahahaは、ゲーム開発者とゲーマーにユニークな創造性と社会的経験を提供します。Yahahaのバーチャルな世界では、誰もがクリエイターになることができます。今年、本格的にサービスを開始し、チームを成長させ、コンテンツ制作の未来に対する我々のビジョンの第一段階を実現させることをとても楽しみにしています。」と語っている。

Yahaha Stuidio:https://yahaha.com/

引用記事:https://venturebeat.com/