日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【2021年10月2週】ノーコード海外ニュース

海外でも注目されているノーコード。

そこで、ノーコードが海外で実際にどう評価され、どう使われているのかなどが分かるニュースを集め、手軽に知ることができるように要約しました。

詳細が知りたい方は、要約した記事のリンク・関連している会社のリンクから見てみてください。

 

1.Apple社のノーコードAIプラットフォーム「Trinity」、複雑な空間データセットを扱う

 

今年7月、クパチーノに本社を置く同社は、複雑な空間データセットのためのノーコードプラットフォーム「Trinity AI」を発表。Trinityは、機械学習の研究者やAI以外の開発者が、複雑な時空間データセットを深層学習モデルに合わせて調整することを可能にする。

Trinityのリリースにより、Appleは非devsや非ML devsの敷居を大幅に下げる取り組みを進めている。

コロンビア大学の非常勤准教授としてAIを教えているSameer Maskey氏はインタビューで次のように語った。

「多くの人がスマホ用に地理空間データを使ったアプリを作ろうとしています。機械学習の知識はなくても、アプリを作った経験があれば、Trinityでそれが可能になります。機械学習の知識はなくても、アプリを作るフレームワークを持っていれば、Trinityのプラットフォームをすぐに利用して、さまざまなML作業のモデルを構築することができるのです。」

引用記事

Apple’s no-code Trinity AI platform handles complex spatial datasets

関連記事

VentureBeat

Fusemachines

Trinity AI

 

2.コード不要のツールメーカー、Heyflowが600万ドルを獲得、顧客のコンバージョン解決するために使用予定

 

ドイツ・ハンブルグを拠点とするHeyflow社は、顧客のコンバージョンを高めるためのインタラクティブな「クリックフロー」を簡単に構築できるツールを提供。今回のラウンドでは、600万ドルの資金を獲得、Project A Venturesがリードし、Atlantic Labsと複数の無名のエンジェル投資家が参加した。

Heyflowでは、技術者ではないユーザーでもウェブサイトやアプリの訪問者から情報を収集するための会話やグラフィックのフローを簡単に構築できる。

このツールはインタラクティブなフローで、その特徴は、静的な行動喚起よりも優れたコンバージョンツールであるということだ。

現在成長を促進している市場やセクターは、保険、金融サービス、人材紹介、マーケティング、広告とのこと。

引用記事

‘No-code’ tool maker, Heyflow, nabs $6M to fix your customer conversions

関連記事

Heyflow

 

3.ソコトラ(Socotra Unveils Industry)、ITCで業界初のノーコード・アプリ・マーケットプレイスを発表

 

保険会社が顧客により良いサービスを提供するための革新的な商品を迅速に開発・展開することを可能にするエンタープライズ・グレードのコア・プラットフォームであるSocotraは、チャーターパートナーであるBetterview社とSnapsheet社とともに、ラスベガスのITCで開催されたModern CoreTech Forumにおいて最新のサービスであるSocotra Marketplaceを発表。

アプリのカタログに加え、最新のツールとクラウドインフラストラクチャが含まれており、アプリ制作者は統合アプリの構築、実行、保守をこれまで以上に迅速かつ効率的に行うことができる。パートナー、顧客、システムインテグレータは、自社で使用するためのアプリを構築したり、マーケットプレイスを通じてScotraのコミュニティと共有することができる。

引用記事

Socotra Unveils Industry’s First No-Code App Marketplace at ITC

関連記事

Socotra

Snapsheet

Betterview

 

4.LCAP Technology MatrixのLeadersに Appian、OutSystems、Mendix、Microsoft Power Apps、Zoho Creator が選出

 

Nucleus Research社の「Low Code Application Development Platform (LCAP) Value Matrix 2021」によると、企業は特定のITニーズに合わせて独自のソリューションを構築し、高額なサードパーティのコストを回避する傾向が強まっている。

ソフトウェア開発の技術的要件を高めたり下げたりするローコード・ノーコードの能力は、従来の「購入 vs. 構築」という戦略を崩壊させ、企業に第3の選択肢を与えている。

リサーチマネージャーのIsaac Gould氏は、「大半のLCAPは最終的な構築のために熟練したコーダーを必要とするため、お客様はプロの開発者の不足と選択した製品が必要とする専門性を認識する必要があります」と述べている。

上位のLCAPベンダーは、ツールセットの直感性、アプリケーションの公開のしやすさ、開発されたソリューションの複雑さと性能で、それぞれの製品を差別化している。

引用記事

Nucleus Research’s 2021 Low Code Application Development Platform Research Shows More Companies Taking Development of Enterprise Solutions Into Their Own Hands

関連記事

2021 LCAP Value Matrixの全文

Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms

 

5.2021年 ローコード技術開発・応用オンラインセミナーが開催され、国内外の有名企業が集結

 

2021年9月29日、ローコードの、RPA中国社、機械工業出版社により、「2021年ローコード技術開発・応用オンラインセミナー」が開催され、成功を収めた。

「ローコード開発、これからの企業ITのもう一つの可能性」をテーマに、Huawei Cloud、AoZhe、Digital Data、Microsoft、Alibaba、Siemens、 Mendixなど、多数のiVX企業をゲストを迎えて開催された。 イベントでは、企業におけるローコードの適用シーン、技術的な利点、価値についての洞察を語り、 3,000人以上の参加者がオンライン視聴した。

今回のイベントは、複数のインタラクションを持つマルチチャネルのイベントであり、ローコードの分野での影響力は拡大しており、業界でも高い評価を得てた。 

引用記事

2021低代码技术发展与应用线上研讨会成功举行,聚集国内外著名厂商

関連記事

Zion

Dingtalk

南京Smartdata

 

6.WeHo社がVhallが正式にローンチ、ノーコードのライブストリーミングプラットフォームが奇跡のパフォーマンスを生む

 

データによると、2021年、中国の企業のライブ中継率は85%以上で、ライブは企業のDXの基本設備になると同時に、新しい変換を完成させる。 企業のライブは徐々に「エンタープライズクラスのインタラクティブなビデオクラウド」に成長するだろう。

その一方で、テクノロジーの導入方法も静かに変化している。 ローコード技術は、ソフトウェア開発の強力なツールとして登場し、効率化とコスト削減を実現し、企業のデリバリー能力を大幅に向上している。

Vhallの特徴は、企業のインタラクティブビデオ開発プロジェクトを「分の時代」へと導く、8分間の迅速な本番稼動を実現する、新世代のリアルタイム・インタラクティブ技術、高品位な音声・映像の符号化・復号化機能、その他9つの技術の基盤を組み合わせたインタラクティブ・ビデオ・ゼロコード・プラットフォームを構築した。

引用記事

微吼云工场正式发布,零代码直播平台创造效能奇迹

関連記事

微吼云工场

 

ノーコード海外ニュースまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

OutSystems、Mendix、Microsoft Power Appsは先週の記事にあった、ガートナー社のレポートにもリーダーとしてランクインしており、これら3つは今後も注目していきます。

中国では、本格的なノーコードプラットフォームが構築され、これから更に構築されていくと考えられます。どんなものが発表されるのか楽しみですね。

コメントを残す