日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【中級者向け】Integromatで自動翻訳LINE botをつくる|ノーコード開発ナレッジ【Integromat】

この記事では自動化ツールIntegromatを使用して、LINEで受信したメッセージをDeepLで英訳し、自動で返信するLINE botを開発します。

準備

1.LINE公式アカウントの作成

STEP.1
LINE Developers(https://developers.line.biz/ja/)にアクセスし、画面右上ログインをクリックします。

STEP.2
「アカウントを作成」をクリックします。

STEP.3
「LINEアカウントで登録」をクリックします。

LINEをIntegromatに接続するためには、チャンネルアクセストークンとユーザーIDの2つが必要です。「メールアドレスで登録」するとユーザーIDが発行されないためIntegromatと接続できません。

STEP.4
メールアドレスとパスワードを入力するか、QRコードを読み取ってログインします。

STEP.5
必要項目を入力します。

STEP.6
これでLINE Developerへの登録ができました。

STEP.7
「新規プロバイダー作成」をクリックします。

STEP.8
任意のプロバイダー名を入力し、「作成」をクリックします。

STEP.9
新規プロバイダーが作成されます。

STEP.10
「Messaging API」チャネルをクリックします。

STEP.11
各項目を入力し、規約に同意したら「作成」をクリックします。

STEP.12
「OK」をクリックします。

STEP.13
「同意する」をクリックします。

STEP.14
チャネルが作成されます。

STEP.15
Messaging API設定>QRコードからDeepL botを友達追加しておきます。

これでLINE公式アカウントが作成できました。

2.DeepL APIの登録

STEP.1
DeepL API(https://www.deepl.com/pro-api?cta=header-pro-api)にアクセスします。

STEP.2
「無料で登録する」をクリックします。

STEP.3
メールアドレスとパスワードを設定し、「続行」をクリックします。

STEP.4
各項目を入力し、「続行」をクリックします。

STEP.5
入力項目を確認し、アカウント登録を完了します。

これでDeepL APIへの登録が完了しました。

3.Integromatの登録

Integromatのアカウント登録方法は、下記記事で解説してますので、ご参考下さい。

シナリオの作成

1.LINE受信モジュールの設定

STEP.1
Integromatで新規シナリオを作成します。

STEP.2
"LINE - Watch Events"モジュールから始めます。

STEP.3
Addをクリックし、任意の"Webhook name"を入力します。

STEP.4
Connection > Addをクリック、任意の"Connection name"を入力します。

STEP.5
"Channel Access Token"、"User ID"をそれぞれLINE Developersコンソールからコピー&ペーストします

“Channel Access Token”はLINE Developersコンソールのチャネル情報ページから、Messaging API設定>チャネルアクセストークン(長期)で確認できます。チャネルアクセストークン(長期)がまだ無い場合、「発行」ボタンをクリックして新規発行します。”User ID”はチャネル基本設定>あなたのユーザーIDで確認できます。LINE Developersにメールアドレスで登録している場合、あなたのユーザーIDが表示されないため、注意が必要です。

STEP.6
接続が確立されたのを確認し、"Save"をクリックします。

STEP.7
表示されたURLをクリップボードにコピーします。

STEP.8
LINE DevelopersコンソールのMessaging API設定>Webhook設定の「編集」をクリックします。

STEP.9
コピーしたURLを貼り付け、「更新」をクリックします。

STEP.10
「Webhookの利用」をONにしておきます。

これでLINE受信モジュールの設定は完了です。”OK”をクリックします。

2.DeepLモジュールの設定

STEP.1
"DeepL -Translate a Text"モジュールを追加します。

STEP.2
Connection > Addをクリックし、任意の"Connection name"を入力します。

STEP.3
DeepL APIにログインし、画面右上の「アカウント」をクリックしてアカウント詳細に移動します。

STEP.4
アカウント詳細の「アカウント」タブから、「DeepL APIで使用する認証キー」を確認します。

STEP.5
Integromatのモジュール、"API Key"にコピー&ペーストします。

STEP.6
"Continue"をクリックし、接続を確立します。

STEP.7
下記の通りに各項目を設定します。

  • Text : 受信メッセージを指定したいので、Events > Message > Textを選択します。
  • Target Language : どの言語に翻訳するかを指定します。本記事ではEnglish (American)を選択します。
  • Source Language : 翻訳するテキストがどの言語かを指定します。指定がない場合、自動で認識します。本記事ではJapaneseを指定します。
  • Split Sentences : 入力テキストを分割するかを選択します。入力テキストが一文である場合は、設定の必要はありません。本記事ではLINEで送信される入力テキストが必ずしも一文ではないため、句読点(Punctuation)と改行(Newlines)での分割を設定します。

これでDeepLモジュールの設定は完了です。”OK”をクリックします。

3.LINE返信モジュールの設定

STEP.1
"LINE -Send a Reply Message"モジュールを追加します。

STEP.2
"Reply Token"にLINE受信モジュールのEvents > Reply Tokenを指定します。

STEP.3
"Messages"をクリックし、"Text"にDeepLモジュールのTranslations > Textを指定します。

STEP.4
"Add"をクリックして、"item"を追加、"OK"で設定を確定します。

これでシナリオが完成しました。

実際に動かしてみる

作成したシナリオで”Run once”をクリックします。

公式LINEに任意のメッセージを送信します。

公式LINEのデフォルトメッセージの後に、英訳のメッセージが返信されます。

デフォルトのメッセージを非表示にするには、Messaging API設定>応答メッセージから「編集」をクリックします。

「応答メッセージ設定」をクリックし、”Default”の「ステータス」をOFFにします。

以上がIntegromatで自動翻訳LINE botをつくる方法です。ブラウザからDeepLにアクセスする必要がなく、慣れ親しんだLINEのUIで操作ができるため、筆者も日常的に使用しており、英語の他にも中国語やフランス語などの翻訳LINE botをつくっても良いかもしれません。