日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【中級者向け】勤怠管理システムを10分で作ってみる|ノーコード開発ナレッジ【Integromat】

この記事では自動化ツールIntegromatを使用して、簡易的な勤怠管理システムを10分でつくる方法を解説します。

営業部の行動記録やランニング記録など、位置情報を追跡して記録する方法は、こちらをご覧ください:携帯の位置情報を自動で取得し、Googleスプレッドシートに記録する方法

準備するもの

以下の2つを用意して下さい。

  • Integromatアカウント(https://www.integromat.com
  • Integromat – AndroidアプリをインストールするAndroid携帯

シナリオの作成

1.Integromatアプリのインストールと設定

まず、Google playから携帯にIntegromatアプリをダウンロードします。

インストールが完了すると、以下の画面が表示されます。

Integromatのダッシュボードから、Devices > Add a deviceをクリックし、任意の登録名称を入力します。

表示されたコードを携帯に入力、もしくはQRコードを読み取り、Integromatと接続します。

Integromatとの接続が完了すると、以下の画面が表示されます。

“GPS”をタップし、”Entered/left the area”をチェックします。

“MANAGE AREAS”をタップし、出入りを記録する位置を登録します。勤怠管理システムなので、会社の位置情報を登録しましょう。

“Name”は任意のエリア名称、”AREA DIAMETER”で周囲の距離を指定します。

エリアは複数登録することが可能です。

これで、携帯側の設定は完了です。

2.Androidモジュールの設定

“Android – Watch entrances to/exits from a geofence area”モジュールを追加します。

“Device”から先ほど登録した携帯を選択し、”Continue”をクリックします。

これでAndroidモジュールの設定は完了です。

3.Google Sheetsモジュールの設定

“Google Sheets – Add a row”モジュールを追加します。

Connection > Addをクリック、任意の接続名称を入力し、”Continue”をクリックします。

接続するGoogleアカウントを選択し、リクエストを許可します。

位置情報を出力するスプレッドシートを選択します。

出力データは下記画像の通り設定します。

  • Created : formatDateで日本標準時刻に変換、表示形式を整えます。
  • Circle name : 登録したエリア名称、本記事では「For A-career」
  • Entering the circle : 登録エリアに入ったとき、TRUEを返します。
  • Leaving the circle : 登録エリアから出たとき、TRUEを返します。

これで、全ての設定が完了しました。

実行結果

出勤、昼休み、退勤それぞれの時刻を記録することができました。

以上がIntegromatを使用して、簡易的な勤怠管理システムをつくる方法です。勤怠管理システム以外にも施設サービスの入退室管理など幅広い活用ができると思います。

ぜひ、使ってみて下さい。