日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【中級者向け】携帯の位置情報を自動で取得し、Googleスプレッドシートに記録する方法|ノーコード開発ナレッジ【Integromat】

この記事では自動化ツールIntegromatを使用して、登録携帯の位置情報を自動で取得し、Googleスプレッドシートに記録する方法を解説します。

準備するもの

以下の3つを用意して下さい。

  • Integromatアカウント(https://www.integromat.com
  • Integromat – AndroidアプリをインストールするAndroid携帯
  • 課金が有効なGoogle Cloud Platformアカウント

IntegromatのAndroidモジュールで得られる位置情報(緯度・経度)を、住所に変換するためGoogle Map apiを使用します(従量課金制)。

シナリオの作成

1.Integromatアプリのインストールと設定

まず、Google playから携帯にIntegromatアプリをダウンロードします。

インストールが完了すると、以下の画面が表示されます。

Integromatのダッシュボードから、Devices > Add a deviceをクリックし、任意の登録名称を入力します。

表示されたコードを携帯に入力、もしくはQRコードを読み取り、Integromatと接続します。

Integromatとの接続が完了すると、以下の画面が表示されます。

“GPS”をタップし、”Track GPS location”をチェックします。

“CHANGE”ボタンで、「どれぐらいの距離移動したら、Integromatにデータを送信するか」を設定します。本記事では、1kmで設定します。

これで携帯側の設定は完了です。

2.Androidモジュールの設定

“Android – Watch location changes”モジュールを追加します。

“Device”から先ほど登録した携帯を選択し、”Continue”をクリックします。

これでAndroidモジュールの設定は完了です。

3.Google Cloud Platformの設定

*Google MapsのAPIは従量課金制のため、請求アカウントを有するプロジェクトが必要です。

Google Cloud Platformのサイドメニュー、APIとサービス > ライブラリをクリックします。

Geocoding APIライブラリを検索し、有効化します 。

 

サイドメニュー、APIとサービス > 認証情報をクリックします。

 

認証情報を作成 > APIキーをクリックします

表示されたAPIキーをコピーし、「閉じる」をクリックします。

4.Google Mapモジュールの設定

Google Maps – Get a Locationモジュールを追加します。

Connection > Addをクリックし、任意の接続名称を入力します。

“API Key”は先ほどコピーしたAPIキーをペーストします。

これでGoogle Cloud Platform上のGeocoding APIを呼び出すことができます。

各項目を以下の通り設定します。

これで緯度・経度を住所に変更することができます。

5.Google Sheetsモジュールの設定

“Google Sheets – Add a row”モジュールを追加します。

Connection > Addをクリック、任意の接続名称を入力し、”Continue”をクリックします。

接続するGoogleアカウントを選択し、リクエストを許可します。

位置情報を出力するスプレッドシートを選択、出力するデータを指定し、”Continue”をクリックします。

これで、全ての設定が完了しました。

実行結果

携帯を持って移動してみると、1kmごとの移動記録がGoogleスプレッドシートに保存されました。

 

住所の表記は、英語一択のようです。日本語に変換する方法がありましたらぜひお聞かせ下さい。

以上が、Integromatを使用して、携帯の位置情報を自動で取得し、Googleスプレッドシートに記録する方法です。営業部の行動記録や、ランニングの記録など幅広い活用ができるかと思います。

ぜひ、使ってみて下さい。