日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【2021年11月1週】ノーコード海外ニュース

2021年11月1週ノーコード海外ニュース

(中国)ローコード・プラットフォームで自動車産業の新しいインフラを構築する

10月18日〜19日、「第9回自動車・環境フォーラム」と「第13回グローバル自動車産業サミット」が開催された。 今回のフォーラムでは、中国の自動車産業の発展、パワートレインの電動化、ADASと自律走行、チップと自動車インフラソフトウェア、インテリジェントコックピットなどの業界のホットな話題に焦点を当て、新たな状況下で中国の自動車産業を秩序立てて発展させるための新しいアイデアを議論することを目的としている。

以下は、得帆信息のCIO/共同創業者であるLiu Xin氏のスピーチ

皆さん、おはようございます。私は得帆信息のLiu Xinです。私たちのローコードソリューションを皆さんと共有できることを嬉しく思います。

ここにいる人はローコードって聞いたことないかな? 私が初めて自動車会社にローコードのコンテンツやソリューションについて話したのは2016年でしたが、それ以前は例年に比べて様子見の人が多かったですね。 この2年間で、自動車会社を中心に多くの企業から、独自のローコードプラットフォームの選定や構築を打診され、この市場が徐々に認知されてきていることを実感しています。

まず、多くの人にとってローコードは新しい概念であり、なぜローコードなのかは誰もが気になるところだと思います。 まず、ソフトウェア企業の視点からデジタル技術の進化の流れを見ると、より中心となるポイントがいくつかあります。

1.接続性。 デジタル化の基盤となる接続性については多くの人が言及していますが、これまでは接続されたシステム間のデータ交換を中心とした狭義の接続性が語られていました。 実際、コネクティビティには、人とシステム、システムとシステム、モノとシステムのやりとりが含まれており、現在のコネクティビティの状況は、以前よりも複雑になっています。

2.端末。これまでの私たちの情報管理の中心は、システムへのデータ入力を手作業に頼り、多くのデータが人の方法で生成されていました。しかし、人が増えることでボトルネックや効率性の問題が発生するだけでなく、各人の認知の違いから、データ入力にもズレが生じるため、現在ではIoTデバイス、インテリジェント端末などのデータ収集データが多く、より正確でよりリアルタイムなものが求められています。

3.企業主導で、アウトソーシングで補う。 以前、情報技術のプロジェクトを行った際には、ソフトウェアを購入した後、外部の専門家や企業にコーチングや実装を依頼することが多かったのですが、今回はそのようなことはありません。 一方では、ビジネスはより詳細な制御要件であり、他方では、多くの企業が独立した制御を重視しているので、ほとんどの企業はソフトウェアを開発するために独自の方法を開発することを選択します。 また、情報技術の発展に伴い、多くの優秀なビジネスエキスパートや技術者がA面企業に入社し、企業自体のデジタル能力を大幅に向上させています。

4、バーティカル・シナリオ(もしくは、垂直シーンの方がいいかもです)、スモールステップ。2016年、アリババがプラットフォームを提案した後、実は市場は非常に焦っていました。多くの企業が、ミドルプラットフォームも作ろうという動きになりました。後になって、地上での影響が特にひどいことがわかったので、この件に関しては躊躇する態度をとることになります。今では、バーティカル・シナリオと呼ばれる具体的な問題解決に関心が集まっています。アジャイルの概念については、スモールステップの概念も特に注目されていますが、当社のローコードもこの問題のために作られたものです。

ローカリゼーションや自律制御などのトレンドもあり、これも非常に重要ですが、時間的な関係もありますので、詳細は割愛します。

つまり、現在のデジタルの進化には2つのポイントがあると私は考えています。1つ目は、テクノロジーの面でも、これらのデータの利用方法の面でも、ますます複雑になっていくということです。 2つ目は、時間的要求が非常に高くなったため、どんどん速くなるということです。

前述の点は、トレンドの変化についてですが、ここでは実際に直面する困難やジレンマについて見てみましょう。

自動車メーカーに限らず、多くの企業が現在、3つの困難に直面していることがわかります。

まず第一に、需要と供給の矛盾です。 独立した研究開発を行っているという背景から、IT人材の需要は大きく、市場全体ではIT人材の供給が不足している一方で、ケータリングを行っている企業でもITチームを作らなければやっていけないという状況です。

第二に、スコープです。 これまでのデジタル化は比較的コストが高く、初期には主に研究開発、調達、製造など企業レベルのコアバリューストリームを中心に構築されていました。 最近では、エクスペリエンス・エコノミーの拡大に伴い、多くの中小企業や小規模な部門レベルのアプリケーションが、スマートカードのパンチングなどであっても、デジタルの範囲に入ってきており、以前よりも範囲が広がっていることがわかりました。

3つ目は、タイム/アジリティ。 これには、ソフトウェアの開発効率だけでなく、ソフトウェアが稼動した後に発生する大きな変化に対応するための効率も含まれます。

このような難しさから、多くの企業がこの問題をどのように解決するかを考えています。解決策としてローコードに注目していると思いますか? 私はここで、多くの企業の現在の選択をリストアップしましたが、私は幸運にもこれらの3つのステージを、異なる企業で経験してきました。

第一は、ソフトのセットを直接購入すること。そして、それを自分でコントロールできるように加工することで、非常に充実した機能とスピードを実現しています。しかし、コントロールしきれないことが非常に多いのです。

2つ目は完全に自律的に、1行ずつコードを打ち出すことです。その利点は、ビジネスに最も適しているということです。ただ、値段が高いし、時間軸も(自己研究のため)少し遅くなります。

2020年以降、ローコードが火を噴いています。 それは、ソフトウェアのコスト、効率、ユーザーエクスペリエンスのバランスをとるために、コードを減らし、一部は可視化し、一部はプロのコードに頼ることで実現しています。

では、ローコードとは一体何でしょうか? 実際、ローコードの核となる考え方は「抽象化」です。 再利用可能な多くのコンポーネント、さらには関連するフォーム、関連するルール、関連するレポートなどを抽象化して、ソフトウェア実装の効率、コスト、バランスを追求します。 つまり、1/10のコストと時間で8割の効果を実現し、最後の2割はそれを改善するためのワークロードコードというわけです。

この解釈には専門機関もあり、読んだことがあるはずですが、実際、今はあらゆる分野で関連するものがあります。 例えば、2日前に建設会社にローコードの話をしましたが、従来のソフトウェアの実践方法は鉄筋コンクリートのようなもので、基礎は自分で作り、壁は鉄筋コンクリートを介して作り、この効率は非常に速いものです。 しかし、ローコードは組み立て式の建物のようなもので、引っ張ってくるとそのまま組み立てることができ、現場に行って作ることができます。 ソフトウェアの実装プロセスは、よく「レゴブロック」で表現されます。 ここには国内外の2つのレポートがありますが、これらもローコード・コア・アセンブリーによるビジネス・アーキテクチャの迅速な導入を核としています。

本レポートでは、ユニバーサル開発やそれに関連するビジネス構築、マルチデバイスの体験シナリオなど、企業がローコードを使用する場面を明確にし、ここでは5つのシナリオを挙げています。

さらに、キーとなるメトリクスが定義されており、いろいろありますが、その中で重要なのは3つです。

1.直感的なコードレス機能 ローコードの中には、ゼロコードと呼ばれる細分化されたものがあります。これは、プログラムを書く必要がなく、ソフトウェアの基本的なことを実現することができるものです。

2、データ統合とコネクティビティ

3、ソフトウェア管理の完全なライフサイクルは、自動化されたデプロイメントなど、直接パイプラインのリリースの展開を行うには、ボタンをクリックして、アプリケーション自体は、ビジネス操作の監視後、将来のオフラインを含むこれらの事は、ライフサイクルの完全な制御です。

私たちは、PaaSプラットフォームは比較的複雑であると考えていますので、私たちにできることは、製品をできるだけシンプルにして、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する重要なツールとして機能させることです。 このプラットフォームが、企業のソフトウェア構築能力を向上させ、独自の自動車関連アプリケーションを構築するのに役立つことを期待しています。

参考までにいくつかのケーススタディをご紹介します。 今日は、R&Dとインテリジェント・シナリオの話ですが、実は経営情報技術も非常に重要な分野で、ここでは自動車会社3社の話をそれぞれ紹介します。

1つ目は、上海のある自動車メーカーで、製造内部に品質や安全関連の規定を含む約90の独自の管理システムを持っています。 これらの管理システムは、企業独自の特性であるため、当時の市場では、どのソフトウェアを直接購入して使用することができるとは言いませんでしたが、独自の開発方法を通じて、我々は、アプリケーションの価格は30万人以上、90以上のアプリケーションも数千万ドルであると評価しています。

そのため、より効率的な方法で構成することはできないでしょうか。 私たちは2018年に彼らと協力し、彼らの中にデジタルコンテンツファクトリーとも呼ばれる、このようなプラットフォームを構築しました。

2つ目は広州の車両グループです。多くの企業にとって、人事は非常に重要なコントロールの一部です。現在、従来の人事コンサルティングの6セクションから、HRBPやシェアードサービスに移行し、多くの企業が導入しています。当時はグループ会社が200社以上あったので、人事制度の再構築は大きなプロジェクトでした。その際、グループ本部では、ローコード方式で統一されたHRSCCプラットフォームを構築しました。同時に、HRSCCは200社を超えるグループ会社に展開されました。この方法は、ソフトウェアを購入するよりも柔軟性があります。

3つ目は、深圳にある自動車会社で、階層的な作り方をしています。 最初の段階では、エクスペリエンスポータル、ローコードアプリケーション、統合プラットフォーム、アイデンティティセキュリティプラットフォームなどのデジタルテクノロジープラットフォームの構築を支援しました。

得帆信息:https://www.definesys.com/

引用記事:http://www.myzaker.com/

 

インターネットの普及により、ノーコード市場は拡大している。

  • デジタル消費は30%以上増加
  • 昨年のオンライン小売業の売上高シェアは200%以上に増加
  • 過去12ヶ月間にオンライン小売店で消費された金額は9,000億ドルに上る
  • Eコマース広告は、一般的なオンライン広告の30倍の速さで成長

No Code Marketとは、技術的なスキルを持たないユーザーが、コーディングの知識を全く持たずにウェブサイトを構築できるサービスを提供する業界のこと。プログラミングの知識がなくてもウェブサイトに高度な機能を持たせることができるため、市場が民主化され、技術的な参入障壁が取り除かれている。

ノーコード業界の知名度が高まるにつれ、これらの製品を利用するユーザーにとって、どれが自分にとって最適なのかを認識することが重要になってくる。そこで本稿では、デジタル消費の拡大に対応するための様々なソリューションを分析してみたい。また、エンゲージメントを高める様々な製品の評価を含めなければ、このテーマを語ることはできないだろう。

・パンデミックがもたらすオンライン習慣

COVID-19が人々に与えた永続的な影響のひとつに、消費者の消費習慣の変化がある。ソーシャルディスタンスや外出禁止により、75%の消費者がオンラインでの新たな購買習慣を確立し、制限が解除されてもその習慣を維持している。デジタルメディアは、消費者にとっても生産者にとっても非常に魅力的なものであることがわかった。

さらに、PwC社の報告書によると、パンデミック後もデジタルチャネルへの移行が続くだけでなく、顧客のロイヤルティがほとんどなくなっていることが明らかになっている。米国の消費者の多くは、パンデミック後もオンラインでの買い物を継続する意向を示していることから、これらの習慣は隔離解除後も続くと考えられる。

・No Codeアプローチの成長

ノーコードのウェブサイトビルダーは、その後、爆発的に価値を高めている。市場規模は、2020年Storycardsの1812.2百万ドルから、2021年以降は6.7%相当の成長率で増加し、2027年には2853.3百万ドルのピークに達すると予測されている。その理由は、消費者の新しいオンライン消費習慣により、企業のオンラインプレゼンスが成功の鍵を握るようになったからだ。

そのため、世界市場の約50%のシェアを占める上位3社を中心に、複数の主要プレーヤーが成長している。コーディングなしでウェブサイトを作成する業界の大手企業には、Wix、Webflow、Weeblyなどがあるが、これらの企業は、消費者の習慣がオンラインメディアに移行したことで成長することができた。フォーブス誌に掲載されたウェブフローの驚異的な復活劇は、創業者のSergie Magdalin、CEOのVlad Magdalin氏、Bryant Chou氏が、投資家がこの現象の重要性を認める適切なタイミングで、ノーコードソリューションを発表できたことを示している。

・カスタマーエンゲージメントの重要性

Webサイト制作会社の数が増えていることは、重要な意味を持っていて、供給があるところに需要がついてくるのだ。また、Webサイト構築サービスの供給が増えれば、そのサービスを利用して自社のWebサイトを構築したいという企業の需要が増えることになるのだ。

その結果、顧客の予算を奪うために、顧客の注目を代理で集める企業が増加している。これに加えて、平均的なアテンションスパンが短くなってきている。企業が成功するためには、顧客満足度を維持し、顧客に価値を感じてもらわなければならない。これがカスタマーエンゲージメントで、ユーザーの注目を集めるためには、この活動が最も重要である。

製品エンゲージメントとは、ユーザーが自社製品をどのように利用しているかを「エンゲージメントスコア」という形で記録するもので、具体的なエンゲージメント活動を時系列で記録する。経営者はこの情報をもとに、自社製品へのエンゲージメントを高める方法を開発し、利益を生み出すことができるのだ。

・オンライン・エンゲージメント・ソリューションの成長

他者のエンゲージメントを高めるためのソリューションを専門に提供する企業が数多く登場している。デジタル消費者の爆発的な増加に対応するためにウェブサイトを立ち上げる企業は、このようなソリューションを慎重に検討すべきだ。

そのようなソリューションのひとつに、Gil Rabbi氏が設立したイスラエルのスタートアップ、社がある。自由なデザインを可能にするStorycards社は、ユーザーが思い通りのコンセプトや自由なデザインを作ることができる。この会社は、クイズ、トリビア、アイキャッチャーなどの豊富な製品で、エンゲージメントを生み出すことを目指している。この技術により、ウェブサイトのパブリッシャーやアプリのオーナーは、個人に合わせたプロフェッショナルなエンゲージメント製品を構築することができる。この会社は、YoutubeやSlideshareのような典型的な静的エンゲージメントを超えて、ウェブ上で最もインタラクティブな体験を大規模に提供している。

COVID-19によって引き起こされた世界的なデジタルコンシューマリズムのブームを受けて、ノーコード市場は、このトレンドをできるだけ経済的かつ効率的に利用できるサービスを求める企業によって加熱している。さらに、ノーコードウェブサイトビルダーは、企業のWebサイト作成のために専門チームを雇う必要性を完全に排除し、ノーコードエンゲージメントサービスは、そのサイトとのインタラクションを確保している。

Storycards:https://story-cards.com/

Zendesk:https://www.zendesk.co.jp/

Livechat::https://www.livechat.com/jp/

Mailchimp:https://mailchimp.com/

引用記事:https://www.valuewalk.com/

 

ノーコードのAIプラットフォーム「E42」(インド)がシリーズA資金で540万ドル(6.15憶円)を調達

light Information Systems社は、Pavestone Ventures社からシリーズA資金として540万ドルを調達したことを発表した。同社の受賞歴のあるノーコードAIプラットフォーム「E42」は、複雑で時間のかかるリソース集約型のプロセスを自動化し、人の介入を必要としないようにすることで、企業の認知度を高めてきた。この自動化は、企業がE42プラットフォーム上でニーズに応じて作成・カスタマイズできる多機能なコグニティブエージェント、すなわち「AIコワーカー」によって実現されている。

2012年にAnimesh Samuel氏とSanjeev Menon氏によって設立されたプネーに拠点を置く同社は、人間のような認知機能をプロセスに導入することで、プロセス中心、人中心の自動化をあらゆる業種で容易にする。このプラットフォームは、Microsoft、SAP、Oracle、IDC、NVIDIA、NASSCOM、SaaSBhoomiなどの業界の大手企業にも認められている。

今回の資金調達は、業界全体でコグニティブ・プロセス・オートメーションへの需要がますます高まっている中、技術的優位性の維持、パートナーエコシステムの構築、グローバルなビジネス展開のための研究開発を強化することで、同社のAIプラットフォーム「E42」の強化に活用されるとのこと。

Light Information System Private Limitedの最高経営責任者であるAnimesh Samue氏lは、「今回の資金調達は、当社の研究開発とパートナーエコシステムの強化に役立ち、当社が世界中の企業にサービスを提供するための一助となるため、大変うれしく思います。当社のコグニティブ・プロセス・オートメーション・プラットフォームは、規模の大小にかかわらず、複雑で人を中心としたプロセスを自動化し、それも2週間という短期間で投資効果を上げることで企業に貢献してきました。私たちは、すべてのビジネスが成功するためには、AIを活用した戦略が中核となると考えています。私たちは、多機能なコグニティブ・エージェント/AIコワーカーの助けを借りて、この戦略を描くことで、時間のかかる難しいプロセスを削減しながら利益を最適化することで、これらの企業の成功を支援したいと考えています。私たちは、導入、維持、移行が容易なノーコードのプラットフォームを世界中の企業やパートナーに公開し、要件に応じてカスタマイズ可能なさまざまな自動化を試してもらいたいと考えています。」と語った。

Pavestone VenturesのマネージングパートナーであるSridhar Rampalli氏は、「E42の成長ストーリーの一端を担うことができて嬉しく思います。AIによる企業のイネーブルメントと自動化により、複雑さとコストを最小限に抑えつつ、効率性と拡張性を最大限に高めることができるため、エンドツーエンドのプロセスオートメーションに対するニーズはかつてないほど高まっています。E42のプラットフォームは、水平方向と垂直方向の両方の機能を兼ね備えており、企業の機能全体をスケールと深さで提供するための大きな可能性を秘めていると考えています。」と述べた。

Light Information System「E42」:https://e42.ai/

引用記事:https://analyticsindiamag.com/

 

英国のノーコード開発プラットフォームToca社が237万ユーロ(約3億円)を調達、RPAおよびノーコード・アプリ市場での地位を強化

ヨーロッパのノーコードアプリとオートメーションファブリックのパイオニアであるTocaは、2018年のシードラウンドで調達した160万ユーロに加えて、個人投資家グループから230万ユーロの追加資金を確保した。

現在、デジタルトランスフォーメーション時代の中で、企業や組織にデジタルトランスフォーメーションの必要性が強く求められている。Tocaは、従来のRPAプロセスに代わるものを提供する。また、レディングに拠点を置く同社は、企業の基盤となっているレガシープラットフォームとの統合も提供します。今回の230万ユーロの資金調達は、2027年までに合計170億ユーロの規模になると予測されていて、新興のノーコードアプリ市場とRPA市場でのTocaの地位を強化するものになるだろう。

Tocaの創業者兼CEOのMat Rule氏は、「今回の230万ユーロの資金調達により、ビジネスの成長を加速させ、ノーコードアプリとオートメーションファブリックの組み合わせによる変革能力の認知度を高めることができます。Tocaは、ビジネスの息抜きとイノベーションを可能にします。私たちは、レガシー環境とクラウドネイティブ環境の架け橋となり、何十年もの間、ITを悩ませてきた統合問題を解決するために、Tocaのアプリとオートメーションファブリックを構築しました。私たちは、アプリケーション構築を民主化し、企業が全社的に自動化できるようにしています。これにより、組織はテクノロジーを使ってビジネス上の問題の5%だけを解決することから、残りの95%に最終的に対処することにシフトすることができます。」と語った。

Toca:https://toca.io/5f69db864613510001ab2a53/tech-journeys-podcast-mat-rule

引用記事:https://www.eu-startups.com/

 

Attest社が6,000万ドル(約68億円)を調達、49カ国の1憶1千万人の消費者を対象としたリサーチ調査のノーコードアプローチを拡大

アンケート調査は、マーケティングチームやビジネスの意思決定者が、顧客の動向を知るために長い間利用されてきた。しかし、調査の実施にはコストがかかり、大規模な調査を行うことは難しく、結局のところ、調査に投入されたデータの信憑性に依存することになる。ロンドンのスタートアップ企業Attest社は、このような課題を解決するために、クラウドベースでノーコードのビッグデータ・ソリューションを構築している。

同社のCEO兼共同設立者であるジェレミー・キング氏によると、同社の機械学習を利用したアプローチは、Kantar社やSurveyMonkey社、Qualtrics社をはじめとする数多くの既存のオンライン市場調査会社に対して、より迅速で正確な結果を提供することができるため、支持を得ているとのことだ。

「暗い秘密は、ほとんどのオンラインリサーチが非常に質の低いものであるということです」とキング氏。

これは、従来の市場調査会社5社に同じ内容の調査を依頼した場合、5社から異なる回答が得られる可能性があるということだ。Attest社は、このような状況から脱却し、より一貫性のある、信頼性の高い市場調査の枠組みを構築することを目指している。

「私たちは、できる限り良いものを作ろうとしています。まだまだ完璧ではありませんが、少なくとも私たちは努力しています。ほとんどのオンラインリサーチは、正直なところ、まったく努力していません」、とキング氏は言う。同社の方法論を “自殺行為のような透明性 “と表現した。このように、非常に正直な姿勢を示していることが、多くの大手企業の心をつかんでいるようだ。同社の顧客リストには、Microsoft、Santander、Walgreens/Boots、Klarna、Brew Dr. Kombucha、Fabletics、eToro、Publicisなどが名を連ねている。

今回の投資は、復帰した投資家のNEAとKismet、およびその他の無名の支援者からのもので、Attestは、これまでに調達した総額が8,500万ドルになったと述べている。同社への他の投資家には、Oxford CapitalとEpisode 1(2019年に310万ドルのラウンドを共同で行った)など。

Attestは評価額を公開していないが、PitchBookのデータによると、今回の最新ラウンドが実際にクローズしたと思われる今年8月には、ポストマネーで2億7300万ドル弱だったことが明らかになっている。

Attest社は、質問の作成、対象者の抽出、データの処理、リサーチを行う人にとって有用な視覚化の提供など、15段階のプロセスの一部として、複雑なアルゴリズムを使用し、回答数と整合性の観点からデータを保証するという。価格はフリーミアムモデルで、有料会員は基本的にクレジットを購入し、1クレジット=1質問の1回答として使用する。クレジットの価格は、40セントから60セントの間。

キング氏によると、Attestは有料ユーザーに頼らず、アクセスゲートにアンケートを設置することも、ソーシャルメディア上で展開されるキャンペーンを構築することもなく、間接的に人口統計学的にマッピングされた質問をすることで成り立っているという。

このような質問は、質の低いデータへの入り口である、人々はこれらの質問を、ただクリックするだけだからだ、とKing氏は言う。同社は、その代わりにアルゴリズムに重点を置いている。アルゴリズムは、どのような種類のオーディエンスが最も有用で、質問に答えることを受け入れてくれるかを把握するために設計されている。とはいえ、質問を作成する人は、有用な質問を見つけるために手助けが必要な場合、Attestの実際の人間と一緒に作業することもできるのだという。

NEA社のパートナーであるコリン・ブライアント氏は、「本日の投資は、Attest社に対する我々のコミットメントと、彼らの優秀なチームと革新的な技術に対する我々の確信を明確にするものです。現在の状況では、消費者の行動を把握する必要性がかつてないほど高まっており、我々は、Attestが世界中のブランドの成長を促進していることを目の当たりにしています。我々は、消費者データへの需要がますます高まることを予測しています」と述べている。

Kismet社のゼネラルパートナーであるAsheque Shams氏は、「Attest社は、市場調査の分野で既存の企業を追い越す軌道に乗っており、最大の賞をしっかりと狙っています。我々は、急成長しているハイテク企業がその最大の可能性に到達するのを支援することを使命とする新興企業投資会社であり、ジェレミー氏とチームのパートナーとなることに非常に興奮しています。」と語った。

Attest:https://www.askattest.com/

NEA:https://www.nea.com/

引用記事:https://techcrunch.com/

 

BlueFinity Evokeがローコードプラットフォームの世界を変える

BlueFinity Evokeは、ローコードMVプラットフォームを進化させ、カスタマイズの度合いやアプリケーションの可能性や拡張性に制限がないように設計されている。

ローコードプラットフォームの最大の懸念点は、企業が将来的な要件をすべて満たすことができないプラットフォームに依存(ロックイン)してしまう可能性があることだ。

優れたローコード・プラットフォームは、ドラッグ・アンド・ドロップ、オプション・セレクト、ポイント・アンド・クリックなどの使いやすい開発手法を提供しており、モバイル・アプリケーションや自社の既存スタッフ(技術者だけでなく、市民の開発者)が開発するアプリケーションの設計・作成に適しているとベンダーは述べている。

BlueFinity International社のEvokeは、すべてのコードを構造化されたVisual Studio(Xamarinを含む)プロジェクトに生成するように設計されており、開発者に無限のカスタマイズの余地を提供するという。

開発者が技術者でない場合は、生成されたコードに触れる必要はなく、コードなしの開発・展開アプローチをとることができる。しかし、必要なときには、開発者は生成されたVSコードを自分のコンピュータからアクセスすることができる。

このことは、Evokeが完全にノーコードのソリューションであると同時に、開発者の既存コード、新規コード、ライブラリ・ルーチン、サードパーティ・ソフトウェアを必要に応じて簡単に呼び出し、組み込むことができる真のローコード・プラットフォームであることを意味している。

BlueFinity Evoke:https://www.bluefinity.com/

引用記事:https://www.dbta.com/