日本発ノーコードアプリ開発ツール『Click』

【中級者向け】Integromatで特定のツイートがリツイートされたことをチームのSlackに通知する|ノーコード開発ナレッジ【Integromat】

この記事では、自動化ツールIntegromatを使用して、Twitterの特定ツイートがリツイートされたことを、チームのSlackに共有する方法を解説します。

用意するアカウント

以下4つのアカウントを用意してください。Twitterモジュールはプレミアムモジュールのため、有料プランのIntegromatアカウントが必須です。(こちらをご覧ください:Integromatの料金表)

slackはツイートを共有したいワークスペースにサインインしていることも確認して下さい。

シナリオの作成

1.Twitterとの連携

まず、TwitterアカウントとIntegromatを連携します。

“Twitter – Watch Retweets”モジュールから始めます。

Connection > Addから、任意の接続名称を入力し、”Continue”をクリック。

Twitterアカウントへのアクセス許可を求められるので、”連携アプリを認証”をクリック。

これでIntegromatとTwitterを連携できました。

2.Twitterモジュールの設定

連携したTwitterアカウントに対してのアクションを設定します。

“Tweet ID”でリツイートを観測したいツイートを指定します。ドロップダウンで選択するか、ツイートのIDを取得することで指定ができます。

・ドロップダウンで選択

・ツイートIDを取得

ツイート右上のメニューから”ツイートを埋め込む”をクリック。

表示された埋め込みリンクの数字部分をクリップボードにコピーします。

“Tweet ID”右の”map”スライドバーをクリックすることで、ツイートIDでの指定が可能になります。

ツイートを指定したら、”Limit”でリツイートの最大観測数を設定し、”OK”をクリックします。

“From now on”を選択し、今からのリツイートを観測します。

続いて、”Twitter – Get a User”モジュールを追加します。

“Get User”を”By ID”に変更し、”User ID”にWatch Retweetsモジュールで取得するIDデータを指定します。

これでTwitter側のアクションの設定は完了です。

3.Slackとの連携

次に、SlackのワークスペースとIntegromatを連携します。

“Slack – Create a Message”モジュールを追加します。

Connection > Addで、”Connection type”は”Slack(user)”を選択、任意の接続名称を入力して”Continue”をクリック。

Slackワークスペースへのアクセス許可を求められるので、”許可する”をクリック。

これでIntegromatとSlackを連携できました。

4.Slackモジュールの設定

連携したSlackワークスペースに対してのアクションを設定します。

“Enter a channel ID or name”を”Enter manually”から”Select from the list”に変更します。

“Channel type”でリツイートを通知したいSlackチャンネルの種類を選択します。

“Public Channel”でリツイートを通知したいSlackチャンネルを指定します。

“OK”をクリックして、シナリオを保存します。

連携したTwitterアカウントとは別のアカウントで、指定のツイートをリツイートします。

Integromatに戻って”Run once”をクリックします。

一度シナリオを実行することで、各項目とそれに対応する値が分かりやすくなります。

Slackモジュールで送信するメッセージを下記画像の通りに設定します。

これでslack側のアクション設定も完了しました。

実行結果

シナリオを保存してから、指定のツイートを再度リツイートします。(一度リツイートしてる場合は、取り消してから改めてリツイートして下さい。自己リツイートでもシナリオは実行されます。)

Integromatでシナリオを実行します。

期待した通り、Slackにリツイートが通知されました(画像は自己リツイートの結果です)。

実際に運用する際は、1時間おきなど任意のインターバルでのシナリオ実行を推奨いたします。

以上が、Integromatを使用して、Twitterの特定ツイートがリツイートされたことを、チームのSlackに共有する方法です。