【初級者向け】Integromatを使用して、Googleカレンダーの日程に応じたZoomリンクを自動で作成・送信する。|ノーコード開発ナレッジ【Integromat】

この記事では、自動化ツールIntegromatを使用して、あらかじめGoogleカレンダーに登録された日程に、Zoomリンクを自動で作成し、商談先と自身にメール送信する方法を解説します。

目次

IntegromatでGoogleカレンダー、Gmailを連携する

1.以下3つのアカウントを用意してください。全て無料アカウントで結構です。

2.【Integromat】”Google Calendar – Search Events”モジュールから始める

3.Connection > Addから、任意の接続名称を入力し、”Continue”

 

4.Googleアカウントの選択画面が表示されるので、接続したいGoogle Calendarを所有するアカウントをクリック。権限のリクエストを許可する。

5.指定したGoogle Calendarで、「商談」をタイトルに含む、当日から翌日までの予定を検索するため、以下の画像の通りに設定する。

  • “Calendar ID”:「商談」日程を含むカレンダーを選択
  • “Start Date”:当日の朝にカレンダーを検索して通知を送らせたいので、Date and time > nowを選択
  • “End Date”:当日中の予定を検索したいので、Date and time > addDays( ; )で当日+1の日にちを指定する
  • “Single Events”:チェックする
  • “Query”:検索したい文字列を指定。本記事では「商談」
  • “Order By”:並び替えの基準を指定
  • “Limit”:出力する最大のデータ数を指定

 

6.Zoom – Create a Meetingモジュールを追加。Connection > Addから、任意の接続名称を入力し、”Continue”。

7.”Authorize”をクリック

8.Googleカレンダーの予定に対して、Zoomリンクを発行するため、以下の画像の通りに設定する(”user ID”だけ選択して、一度シナリオを実行すると、各項目とそれに対応する値が分かりやすくなる)。

  • User ID:Zoomアカウントのアドレスが表示されているので、選択する。
  • Topic:Googleカレンダーのタイトルは、Google Calendar – Search Events > Summaryを指定
  • Type:Scheduled meetingを指定
  • Start Time:Google Calendar – Search Events > Startを指定
  • Dulation in Minutes:会議時間を分単位で入力。本記事では”60″分を指定。
  • Join Before Host:Zoomホストの参加前に他のユーザーが会議に参加可能かどうかを指定。
  • Password:Text and binary functions > base64()でGoogle Calendar – Search Events > Event IDを囲んで文字列化し、さらにそれをText and binary functions > substring( ;0 ;10)で囲んで文字数を10に指定する。これでカレンダーのIDごとにランダムな文字列が生成できる。

 

シナリオ実行前:各項目名のみ表示されている。

シナリオ実行後:各項目名とそれに対応する値が格納されている。

 

9.【Googleカレンダー】実際に予定を登録するが、以下の点に注意する。

  • タイトルに特定の文字列を入れる(本記事では「商談」)
  • 詳細欄(画像では赤く塗りつぶされている)に先方のメールアドレスを入力

 

10.【Integromat】”Gmail – Send an email”モジュールを追加

11.Connection > Addから、任意の接続名称を入力し”Continue”。

12.Googleアカウントの選択画面が表示されるので、メール送信元にしたいGoogleアカウントをクリック。リクエストを許可する。

13.商談先に送信するメールを下記画像の通りに作成する。

  • To:Googleカレンダーのイベント作成者および詳細欄に記載したアドレスを送信先に指定。
  • Content:Text and binary functions > formatDate( ; )で開始時刻を「○○時○○分」の形式に変更。<br>はHTMLタグで改行を指定している。

14.最後に、シナリオの実行時間を設定する。平日毎朝10時にシナリオを実行し、メール送信して欲しい場合、以下の画像の通りに設定する。

 

実装結果の確認

実際にシナリオを走らせてみる

商談先、ホストへのメール送信も成功

 

以上が、Integromatを使用した、Googleカレンダーの予定検索→Zoomリンクの自動作成→商談先へのメール送信、の自動化方法です。